ニュース

欧州男子第60回イタリアオープン・テレコムイタリアの最新ゴルフニュースをお届け

R.ゴンザレスが13アンダー首位、1打差には4人が並んでいる

イタリアのブレシアで開催されている、欧州男子ツアー第16戦「第60回イタリアオープン・テレコムイタリア」の3日目。やはりこの日も66という好スコアをマークした選手が上位に浮上した。

通算13アンダーで単独首位に立ったのはアルゼンチンのヒカルド・ゴンザレス。7アンダー7位からスタートしたゴンザレスだが、3番パー5でいきなりダブルボギーを叩いてしまった。しかし、これで火がついたのか怒涛のバーディラッシュが始まった。

<< 下に続く >>

5番パー5でバーディを奪うと、7番まで3連続。1ホール空いて9番からも再び3連続バーディ 。さらに終盤の16、17番でも連続で奪い13アンダーまで伸ばした。2001年のオメガヨーロピアンマスターズ以来の優勝まであと一歩のところまできた。

首位ゴンザレスを1打差で追うのは、スウェーデンのピエール・フルケや前日首位に立ったオーストラリアのピーター・オマリーなど4人が並んでいる。さらに1打差の11アンダーには、7バーディ、4ボギーで3ストローク伸ばしたイングランドのゲーリー・クラークが続いている。

今週は欧州ツアーの顔、スコットランドのコリン・モンゴメリーが久しぶりに出場している。2日目に5ストローク伸ばし7位まで浮上していたモンゴメリーだが、3日目はスコアを1つしか伸ばせず8アンダー15位に後退してしまった。

今シーズンの欧州ツアーは、逆転優勝という結末が多く、今週も首位から3打差に13人がひしめく混戦。誰が抜け出してもおかしくない、最終日にドラマが待っているような展開となっている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 第60回イタリアオープン・テレコムイタリア




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!