ニュース

欧州男子The Barclaysスコットランドオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2004年 The Barclaysスコットランドオープン
期間:07/08〜07/11 場所:ロックロモンドGC(スコットランド)

平塚哲二がE.エルスと並び1アンダーの37位タイ発進

欧州ツアー第25戦『The Barclaysスコットランドオープン』が、スコットランドのグラスゴーにあるロックロモンドで開幕した。次週行われる「全英オープン」の最終調整に向けて、アーニー・エルスフィル・ミケルソンなどメジャーチャンピオンの10名が参戦している。

初日6アンダーで首位に立ったのは、ホセ・マヌエル・ララ、フィリップ・プライス、エドワルド・ロメロの3人。とくにロメロは、2002年の同一大会で、フレデリック・ヤコブセンとのプレーオフを制しているだけに注目したいところ。

<< 下に続く >>

一方、ディフェンディングチャンピオンのアーニーエルスは、インコースからのスタート。前半は出入りの激しいゴルフが続いたが、後半に入ると徐々にペースを掴んで1アンダーの37位タイで初日を終えた。また、エルスと並び1アンダーには、日本の平塚哲二がつけている。平塚はこの日、2バーディ1ボギーの安定したラウンドを披露した。

そのほか、昨年に続き「全英オープン」の調整のため参戦しているフィル・ミケルソンは、出入りの激しい展開となり、1オーバーの76位タイ。14ホール中12回と抜群のフェアウェイキープ率を見せたが、パーオンに成功したのは18ホール中6回とアイアンショットに精度を欠いた。2日目以降の巻き返しに期待したい。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 The Barclaysスコットランドオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!