ニュース

欧州男子カルテックスマスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2004年 カルテックスマスターズ
期間:03/18〜03/21 ラグーナナショナルG&CC(シンガポール)

モンゴメリーが逆転優勝!谷原は粘りを見せて23位

シンガポールにあるラグーナナショナルG&CCで行われている、欧州男子ツアー第10戦「カルテックスマスターズ」の最終日。欧州ツアーで7年連続賞金王に輝いたコリン・モンゴメリー(スコットランド)が猛チャージをかけた。

9アンダーからスタートしたモンゴメリーは、前半で4つのバーディを奪い通算13アンダーで3人が首位に並ぶ熾烈な首位争いに。10番でG.ハンラハン(米国)が、13番、14番でバリー・レーン(英国)と首位でスタートした2人がボギーを叩き一歩後退してしまった。

これに対しモンゴメリーは、13番でバーディ、15番パー5では2打目をレイアップしバーディを奪うなど、危なげないプレーを披露して単独首位に踊り出た。このまま難なく逃げ切り、通算16アンダーで見事な逆転優勝。欧州ツアーでは2002年「ボルボ マスターズ」以来の復活を遂げた。

なお最終的に、単独2位には13アンダーのハンラハン。ニック・オハーン(オーストラリア)、日本ツアーを主戦場に置くジョディ・ランダワ(インド)が12アンダーの3位でホールアウトしている。

そのほか日本勢では、谷原秀人が奮闘。1番でダブルボギーを叩いたが、その後は1イーグル4バーディと爆発し、通算5アンダーの23位でフィニッシュした。また、藤田寛之は通算1オーバーの52位、丸山大輔は通算2オーバーの59位で競技を終えた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 カルテックスマスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2019年 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年にお伝えしたさまざまなニュースの中から、もっとも読まれた記事を厳選。 歴史的快挙が続いた1年間をランキング形式で振り返ります。1位に輝いたニュースは…?

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。