ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

アラフォーの星・藤田寛之は“パットの王様”だ

2012/09/12 16:00


「週刊ゴルフダイジェスト」(2012年9月25日号)より

日本ツアーで今季すでに2勝、賞金ランキングも目下2位につける(9/9現在)ほか、海外メジャーの舞台でも活躍する藤田寛之。スポーツ選手としてはやや小柄、しかも40歳を過ぎてもなお、毎年日本の賞金王争いに加わっている彼の強さの秘密とは、何なのだろう。同じフィールドで戦うツアープロに聞いてみると、「どこからでも入りそうな雰囲気がある」「勝負どころで外さない」と、多くの選手が「パットの上手さ」をそのポイントに挙げる。

「週刊ゴルフダイジェスト」では、藤田本人にインタビューし、9月25日号に特集記事として展開している。パッティングスタイルやストロークの技術、距離感、ラインの読み方、さらに次打でパッティングを成功させるためのグリーンへの攻め方まで。様々な質問を“パットの王様”藤田にぶつけている。

まず語られているのが、藤田のパッティングの特徴として見られる「強いタッチ」について。入れたいけど強く打つのは怖い。だけどそっとなでるように打っているのでは、ショートして入らない……そんなアマチュアが多いが、藤田は実に心地よい打球音を響かせて打つ。

その理由について藤田は「パットでもつかまったボールを打ちたいんです」と語っている。ストロークばかりに気を取られるとインパクトで強さを出せない。強さを意識しないと結果としてラインも出せないし、距離も合わない、と言うのだ。

そう聞くと、我々アマチュアはインパクトだけで「パチン」と打ってしまいがちだが、藤田の意識はそうではない。「インパクトだけを強くするんじゃなくヘッドを加速させながら打つ意識を持つ。それが強く打つためのコツです」。

もともとショットメーカーとして知られる藤田。彼にとっては、ショットもパットも「つかまった球」を打つことが、狙ったところへ確実にボールを運ぶ重要なイメージなのだろう。

おすすめ記事通知を受け取る

ゴルフ誌No.1の人気を誇る「週刊ゴルフダイジェスト」電子版が発売!
ゴルフ雑誌のパイオニアとして40年超の歴史を持つ「週刊ゴルフダイジェスト」。常に上達志向を持ったゴルファーに応えるクオリティの高いレッスン記事はもちろん、最先端のギア・ファッション情報、トーナメント詳報やトピックス、国内外のコースのプレー情報、さらには大河ストーリーで人気のあるコミックまで。ゴルフを基軸とする日々の暮らしに潤いを与える“趣味誌”です。書籍販売サイト「honto」の電子書籍コーナー、「マガストア」でお買い求めください。スマートフォンやタブレット、PCでもご覧いただけます。

関連リンク




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。