ニュース

欧州男子HSBCワールドマッチプレー選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2005年 HSBCワールドマッチプレー選手権
期間:09/15〜09/18 ウェントワースクラブ(イングランド)

R.グーセンやM.キャンベルら強豪勢が順当に2回戦へ進出

欧州男子ツアー第36戦「HSBCワールドマッチプレー選手権」が、イングランド、サーレイ、ウェントワースクラブで開幕。初日は1回戦の8試合、36ホールによるマッチプレーが行われ、強豪のレティーフ・グーセン(南アフリカ)やマイケル・キャンベル(ニュージーランド)、さらにアンヘル・カブレラ(アルゼンチン)といった実力者達が順当に勝利し、2回戦進出を決めている。

なかでも注目の1戦となったのが、キャンベルとジェフ・オギルビー(オーストラリア)との対戦だ。前半の18ホールはキャンベルがリズムに乗って3アップのリード。後半に入ってからもキャンベル優勢のまま、一時は6アップまでいき、勝負ありかと思われたが、ここからオギルビーが反撃を開始。33ホール目には、オールスクエアに戻したオギルビーだったが、続く34ホール目でなんとか1アップしたキャンベルが激戦を制した。

また、そのほかの試合では、グーセンが8&7でケネス・フェリー(イングランド)を下し圧勝。若手成長株のルーク・ドナルド(イングランド)は、ベテランのベルンハルト・ランガー(ドイツ)相手に7&6のスコアで大勝。カブレラもトレバー・イメルマン(南アフリカ)に2&1で勝利と、危なげないプレーを展開している。

一方、トーマス・ビヨーン(デンマーク)は、ポール・マギンリー(アイルランド)に6&5で破れ、ベテランのコリン・モンゴメリー(スコットランド)も、マーク・ヘンズビー(オーストラリア)に2&1で敗退し、1回戦で姿を消している。

※【ドーミーホール】:そのホールで勝つか引き分ければ、マッチの勝利が決定するホールを指す。
※【アップドーミー】:そのホールで勝てば、マッチの勝利が決定するホールを指す。
※【スコアの見方】:例)「2&1」:「2」はアップ数を指し、「1」は残りホール数を指す。
マッチプレーでは、勝ちが決定したホールで試合は終了となる。

おすすめ記事通知を受け取る

2005年 HSBCワールドマッチプレー選手権

  • 2005/09/15~2005/09/18
  • 優勝:M.キャンベル
  • ウェントワースクラブ(イングランド)



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。