ニュース

欧州男子カタールマスターズの最新ゴルフニュースをお届け

エルスが5打差からの大逆転!2週連続V達成

カタールにあるドーハGCで行われている、欧州男子ツアーの第8戦「カタールマスターズ」の最終日。上位陣も含め各選手スコアメイクに苦しむ中、首位を5打差で追うアーニー・エルス(南アフリカ)が、怒涛の猛チャージをかけてきた。

通算5アンダーの10位タイからスタートしたエルスは、4番から6番まで3連続バーディを奪うなど、前半で3つスコアを伸ばし首位争いに加わると、後半さらに4つバーディを奪って好スコア「65」をマーク。通算12アンダーまで伸ばして後続組を待つことになった。

一方、首位スタートのヘンリック・ステンソン(スウェーデン)は、出だしの1、3番でバーディを奪い絶好のスタートを切ったが、8番でボギーをたたき前半を1アンダーで折り返す。続く後半、13番でボギーの後、14番では痛恨のダブルボギーをたたき失速。15、16、18でバーディを奪い返すも、先にホールアウトしているエルスに1打届かず、通算11アンダーの2位で涙を呑んだ。

この結果、エルスが先週の「カタールマスターズ」に続いて2週連続優勝を達成。4月に行われるメジャー戦「マスターズ」に向けて、勢いをつける形となった。

そのほか日本の佐藤信人は、この日ショット、パッティングともに精彩を欠き、1バーディ3ボギーの内容でホールアウト。通算イーブンパーの39位タイで4日間の競技を終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2005年 カタールマスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。