ニュース

欧州男子オメガ香港オープンの最新ゴルフニュースをお届け

ヒメネスが混戦を制す!佐藤、溝口はスコアを伸ばせず

香港にある香港GCで開催されている、2005年欧州ツアー第2戦「オメガ香港オープン」の最終日。上位陣にビッグネームが名を連ね、優勝争いは最後までもつれた。

1打差に控えていたトーマス・ビヨーン(デンマーク)、ニック・ファルド(イングランド)、デビッド・ハウエル(イングランド)はこの日スコアを伸ばせず、優勝争いは首位スタートのミゲル・アンヘル・ヒメネス(スペイン)パドレイグ・ハリントン(アイルランド)、ジェームス・キングストン(南アフリカ)の3人に絞られた。

<< 下に続く >>

大会連覇を狙うハリントンは前半スコアに伸び悩む中、12番を終えて4つスコアを伸ばしたキングストンが通算14アンダーで首位。1打差にヒメネスがつけていた。だが、14番でキングストンがボギーを叩きヒメネスに並ぶと、その後は平行線をたどる。さらにハリントンが追い上げを図り首位に1打差まで詰め寄った。

終盤17番で3人ともバーディを奪い迎えた最終18番。キングストンがこのホールでボギーを叩いてしまいヒメネスに軍配が上がった。

そのほか日本人選手は、佐藤信人がバーディを奪えず大荒れなゴルフを展開。スコア「79」の大叩きをして通算9オーバーの73位タイでフィニッシュ。溝口英二も5つスコアを落とす大乱調で通算10オーバーの75位タイで競技を終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

2004年 オメガ香港オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
`2020年 ニュースランキング
2020年上半期にお届けしたさまざまなニュースの中から、もっとも読まれた記事を厳選。未曾有の事態に直面した半年間を、ランキング形式で振り返ります。1位に輝いたニュースは…?

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!