2019/11/16エリートグリップ シニアオープンゴルフ

溝口英二が今季2勝目 賞金王争いは最終戦で決着へ

◇国内シニア◇エリートグリップ シニアオープンゴルフ 最終日(16日)◇鳴尾ゴルフ倶楽部(兵庫)◇6454yd(パー70) 1打差4位から出た54歳の溝口英二が5バーディ、2ボギーの「67」でプレー
2019/04/28フーボン・ヨートク シニアカップ

濃霧でFR中止 溝口英二がプレーオフを制してシニア初優勝

に並んでいた溝口英二と崎山武志とのプレーオフが行われ、溝口がシニアツアー初優勝を飾った。溝口はレギュラーツアー通算2勝の54歳。シニア5年目での初タイトルとなった。 18番で行われたプレーオフでは
2019/04/27フーボン・ヨートク シニアカップ

崎山武志と溝口英二が首位 マークセン8位に後退

◇国内シニア◇フーボン・ヨートク シニアカップ 2日目(27日)◇林口GC(台湾)◇6992yd(パー72) 3打差2位から出た崎山武志が「71」でプレー。通算6アンダーで溝口英二と並んで首位に立ち
1999/12/09ファンケル沖縄オープンゴルフトーナメント

初日の首位は溝口英二、川原希

アンダーの溝口英二・川原希の2人。1打差3位には谷口徹・深堀圭一郎・佐々木久行がつけた。井戸木鴻樹・手島多一ら5人は3アンダー6位にいる。 アウトからスタートした溝口は出だしから連続のバーディを決め、好調に
1999/12/09ファンケル沖縄オープンゴルフトーナメント

初日の首位は溝口英二、川原希

アンダーの溝口英二・川原希の2人。1打差3位には谷口徹・深堀圭一郎・佐々木久行がつけた。井戸木鴻樹・手島多一ら5人は3アンダー6位にいる。 アウトからスタートした溝口は出だしから連続のバーディを決め、好調に
2017/07/07~シニアを元気に~ KYORAKU MORE SURPRISE CUP 2017

溝口英二が「63」で首位発進

◇国内シニア◇~シニアを元気に~ KYORAKU MORE SURPRISE CUP 2017 初日◇涼仙ゴルフ倶楽部(三重県)◇7060yd(パー72) 3日間大会が開幕。溝口英二が9バーディ
2000/07/14アイフルカップゴルフトーナメント

今度は溝口英二。2位に3打差

「魔法のパター」の宮本勝昌はやはり後退してしまった。かわって上がってきたのは溝口英二。2日目はバーディ8つ。68-65と並べた。湯原信光はいぜん調子のいい雰囲気で67マーク。5位に浮上してきた
2002/04/12

世界で活躍する日本選手たち

ダウン 溝口英二 302位 2ダウン 檜垣繁正 317位 変わらず 東聡 333位 2アップ 平塚哲司 366位 変わらず 小達敏昭 337位 16ダウン 桑原克則 348位 4ダウン 檜垣豪 355位
2005/03/25インドネシアオープン

日本の溝口英二が暫定5位タイ発進

サスペンデッドとなった。 日本からは先週に続き溝口英二、冨山聡、牛山正則が出場。その中で初日好スタートを切ったのは溝口英二だった。この日8バーディ2ボギーで周り、6アンダーをマーク。首位と2打差の暫定5位
2002/03/28

世界で活躍する日本選手たち

(ダイドードリンコ静岡OP 5位3.84点獲得) 横田真一 269位 9アップ (ダイドードリンコ静岡OP 10位2.08点獲得) 久保谷健一 276位 2アップ 溝口英二 300位 16ダウン
2006/02/10ジョニーウォーカークラシック

崔京周がトップに!伊沢利光、溝口英二は共に予選落ち

バーディラッシュを見せた中盤のホールでスコアを伸ばせなかった。 日本勢の二人、伊沢利光と溝口英二は共に精彩を欠き、伊沢が通算4オーバー、118位タイ、溝口も7オーバーの137位タイとして、予選通過はならなかった。
2005/11/25ボルボ中国オープン

C.プラポールが単独トップに!日本の溝口英二は90位タイ

、ポール・ケーシー(イングランド)が、6バーディ、3ボギーとスコアを上げて、通算4アンダーの10位タイにつけた。そのほか、日本の溝口英二は、4バーディ、3ボギーと1つスコアを伸ばし、90位タイへポジションを上げたが予選落ちを喫した。
2000/07/16アイフルカップゴルフトーナメント

溝口届かず。D.ウィルソン初勝利

溝口英二も伸ばした。今日だけで3ストローク下げた。しかしスタート直後から快調に飛ばしたディーン・ウィルソンが後半もしっかり入れて7バーディ、1ボギーのトータル66。もちろん初優勝。D.イシイに憧れて
1997/10/30Philip Morris Championship

奥田ら3人が首位。ジャンボは1アンダー発進!

風の強い初日だった。スコアは伸び悩み、3アンダーでホールアウトした溝口英二、手島多一、奥田靖己がまず首位グループ。例によってワッツとかフランコとか手ごわい連中がすぐ下に控えているし、御大・ジャンボも