ニュース

国内女子日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

さくら、10ホールを残して暫定32位でサスペンデッド

2012/09/07 18:24


滋賀県のタラオCC 西コースで開催されている、国内女子メジャー今季第2戦「日本女子プロ選手権 コニカミノルタ杯」の2日目。24位タイの横峯さくらは、12時31分にインコースからスタートし、18番の2打目をグリーン右のラフに外したところで雷雲の接近により競技中断。18番とアウト9ホールの計10ホールを残したまま、17時にサスペンデッドの決定を聞いた。

初日を終え、ラフに多く捕まったティショットを反省点に挙げていた横峯だったが、「今日も結構ラフに入っていた」と苦戦は続き、8ホールを終えて1バーディ、2ボギー。通算イーブンパーは暫定32位と、順位を落としている状況だ。サスペンデッド時点の予選カットライン(60位タイ)は2オーバーと、予断の許さない位置で明日3日目のプレー再会を迎える。

「とりあえず、あとの9ホールと18番でベストを尽くしたい」と横峯。再会直後の1打目はラフからのアプローチと難しいシチュエーションが待ち受けるが、まずは予選突破を確実にする流れを早々に築きたいところだ。(滋賀県甲賀市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

2012年 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには立浦葉由乃プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!