ニュース

国内女子伊藤園レディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

昨季大会の苦い思い出を払拭した第2ラウンド

2006/11/11 18:00


国内女子ツアー、伊藤園レディスゴルフトーナメント(千葉県、グレートアイランド倶楽部)の第2ラウンドが11日に行われ、2アンダー10位タイで出た横峯さくらは、1アンダー71で回り、通算3アンダーで首位の白戸由香に6打差の12位タイにつけた。

好天に恵まれた前日とは打って変わり終日雨となったこの日、2日続けてディフェンディング・チャンピオンの不動裕理と同組でラウンドした横峯は、時折不動と笑顔で話し込むなど、和やかにプレー。スタートホールの1番からバーディを奪ったが、直後の2番をボギーとし、その後はスコアカード通りにプレーを続け、前半をイーブンパーで折り返す。

<< 下に続く >>

迎えた後半。昨季大会は同じ第2ラウンドの13番パー5で「9」を叩き、初日7位タイスタートのアドバンテージを生かせず予選落ちを喫した。

「思い出しながら回ってました、ここで打ったんだなとか」。しかし、そんな13番もきっちりパーで乗り切りホッと一安心。その後、15番で1つスコアを伸ばし、池が待ち構える苦手な17番パー3へ。「気持ち悪いけど、去年より成長したのがみえたので、少しはプラスになっていると思います」と話すように、難なく2日連続のパーでホールアウトした。

昨年の悪いイメージを払拭できた第2ラウンド。しかし、逆転優勝を狙うには少し厳しい首位とは6打差、賞金女王が確定した3位につける大山志保とは4打差。「頑張ります。ショット自体は悪くないので、かみ合えば60台が出るかなと思います」と最後まで自分のプレーを貫くことを誓い、コースを後にした。

おすすめ記事通知を受け取る

2006年 伊藤園レディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには廣田真優プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!