ニュース

国内女子日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

上位進出はパッティングが鍵 姉妹での攻略なるか?

2006/09/06 18:00


この日、プロアマ戦を行った横峯さくらは、コースの印象を聞かれると、「距離がしっかりあって、グリーンのアンジュレーションが難しい。1日アンダーパーで回れればいいかな」と、少し控えめなコメントを残した。

その背景にはパッティングに対する不安がある。最近は特にショートパットに悩んでおり、「ショットは良いんだけど、パットには自信が持てない」という。前日には父・良郎氏がコースを訪れ、パット時の構え方についてアドバイスをしたそうだが、すぐに効果は出るだろうか?

<< 下に続く >>

今週も姉・彩花がキャディを務めるが、ラインの読みでは時々食い違うことがあるという。そんな時はどうしてるの?と聞くと、姉は「間をとって、ストレート」というが、さくらは「試合の時は結構聞いてますよ」と、こちらもやや食い違い気味。

初日、2日目は、大場・肥後とのペアリングで、宮里・大山・不動組とは対照的だが、予選を終えて、決勝ラウンドでの藍・さくら対決に期待したい。

おすすめ記事通知を受け取る

2006年 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには澁澤莉絵留プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!