ニュース

国内女子Meijiチョコレートカップの最新ゴルフニュースをお届け

「ボギーを打った後、気持ちを切らさずプレー出来た」と成長を感じて次回大会に意欲!

2006/07/09 18:00


北海道にある札幌国際カントリークラブ島松コースで行なわれている、国内女子ツアー第17戦「明治チョコレートカップ」の最終日。8位タイからスタートした横峯さくらは、この日スコアを伸ばすことが出来ずイーブンパー。通算2アンダーの6位タイでフィニッシュした。

1番でバーディを奪い好発進を見せた横峯だったが、その後は「風も強く、内容もかみ合わずパーを拾っていく感じだった」とコメントしたように、4、7番でボギーと、苦しい展開が続いた。後半に入っても12番でバーディを奪ったものの、その後はすべてパープレーが続いた。

<< 下に続く >>

「連続優勝のプレッシャーはないけど、やはりプレーのかみ合わせの問題など、難しいですね」とコメントした横峯。しかし、「ボギーを打った後、気持ちを切らさずプレー出来た」と成長できた事にも満足して、今大会を終えている。

「パッティングは強調を維持できている」という横峯は、身体のケアとショットの練習をして、次なる舞台に意欲を燃やした。

おすすめ記事通知を受け取る

2006年 Meijiチョコレートカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!3月のマンスリーゲストには三浦桃香プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!