ニュース

国内女子ヨネックスレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

選挙も調子もバッチリ!2ヶ月ぶりのVを目指す!

先週の諸見里しのぶの優勝で、賞金ランキングでは1,250万あまり水を開けられてしまった横峯さくら。とはいえ、これからのシーズン終盤が正念場。まだ、横峯に悲壮感は漂っていない。

「ショットの調子は良いですよ」と横峯。先週からパターをオデッセイのL字マレット(Black Series ix♯9)に変え、「気分転換」というものの雰囲気は悪くない。今週は各選手が重いと口を揃えるグリーンだが、どれだけ打ちきれるかが明暗を分けそうだ。

<< 下に続く >>

去年と比べると、5ホールでティグラウンドの位置が変わったヨネックスCC。1番パー5は533ヤードから490ヤードへと短くなり、「ティショットをフェアウェイにおいておけば、2打で届くと思う。バーディチャンスにつきやすくなると思います」。また、7番パー3は150ヤードから130ヤードへと短縮され、「今日はPWで打ちました」という。全体としては67ヤード短くなり、より攻撃的な展開が期待される。

この日のプロアマは、例年通りの暑さの中で行われたが、「暑かったけど、体調は大丈夫です」という横峯。過去2年は3位と4位、相性も悪くないだけに「ニチレイPGMレディス」以来、約2ヶ月ぶりの優勝を狙う。

大会最終日は衆議院の総選挙と重なるが、「もう、投票しましたよ。どこに投票したかは内緒ですけど」と笑う横峯。すっきりとした気持ちで今大会へと挑む。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 ヨネックスレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!