ニュース

国内女子日本女子オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

過信は禁物、教訓を得て最終日に臨む!

2007/09/29 18:43


日本女子オープン3日目の横峯さくらは、4バーディ3ボギーの「71」とアンダーパーで回ったが、決勝ラウンドに入って周囲もスコアを伸ばしたため、順位は1つ下げて5位タイへと後退。首位の諸見里とは6打差で最終日を迎えることとなった。

前半は2つスコアを伸ばして折り返した横峯。さらに上位進出が期待されたが、10番でラフから140ヤードのセカンドショットを「(芝に)埋まっていたので」と9Wをチョイスして、結果ピンハイ15ヤードにつけて3パットのボギーとしてしまう。続く11番でもラフから残り170ヤードを再び9Wで狙ったが、今度は大きくグリーンオーバー。なんとかボギーは拾ったが、この2連続ボギーで優勝戦線から脱落してしまった。

<< 下に続く >>

「頭が悪すぎますね。11番は5Iで打てば良かったのですが…」と、うなだれた横峯。状況判断を課題に挙げていただけに、自身のショックも大きかったようだ。「すごくいいクラブなんですけど、使い方次第ですね」と、ひとつ教訓を学んだ。

だが、目標としていたイーブンパーを上回る「71」で回った事からも分かるように、ショット・パットとも好調は維持できている。この日はピン位置も厳しくなり、3m前後の「入ればラッキー」というパットが多く残ったが、「最後、入ってくれたので明日に繋がります」と前向きに振り返った。

明日はいよいよ最終日。首位とは6打離れているが、「ゴルフは何が起きるか分からないので、あきらめずに頑張りたいです」という横峯。「イーブンでいいと思っていたけど、今日も回れたし、アンダーパーで回りたいです」と、好スコアへの欲も出て、最終日の爆発を予感させた。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 日本女子オープンゴルフ選手権競技




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには廣田真優プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!