ニュース

国内女子NEC軽井沢72ゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

「良く頑張ったと思います!」さくら、単独3位フィニッシュ

2008/08/17 17:48


「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」最終日、2日目を終えて12位タイへと浮上した横峯さくらは、体調も回復して歯切れの良いゴルフを見せてくれた。

3番までパープレイが続いた横峯は、4番でグリーンを外すが、そこからチップインバーディ。「あれで流れに乗れました」と、6番5m、7番はカラーから8mを沈めて前半は3つスコアを伸ばして折り返す。

後半に入っても、10番3m、13番5m、16番4m、17番5mと微妙な距離のバーディパットを次々に沈め、終わってみれば7バーディノーボギーの「65」。自己ベストにあと1打、今季ベストタイのスコアをマークして通算12アンダーとし、単独3位で3日間の大会を締めくくった。

「危ないパーパットもなく、ショットもピンに絡んで、4mくらいのバーディパットが2~3回外れたけど、それだけ我慢して7アンダーで回れたのは自信になりました。良く頑張ったと思います」と、達成感のある表情を浮かべた横峯。今大会はプロアマ戦を欠場するなど、体調不良に苦しんだが、日を追うごとに体調と共にスコアもアップし、6月の「サントリーレディス」以来となるベスト10フィニッシュを果たした。

「パッティングが外れたときも思ったところに打てたし、ショットもフェアウェイに行っていた」と好調の要因を振り返った横峯。ディフェンディングチャンピオンとして迎える次週に期待を抱かせたが、「去年勝てたことは置いておいて、今年は一からという気持ちで臨みます」と、いつもの通りマイペースは崩さなかった。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 NEC軽井沢72ゴルフトーナメント




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。