ニュース

国内女子日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

3位浮上の横峯さくら、最終組で今季初優勝に挑む!

2008/09/13 17:55


今季国内メジャー第2戦「日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯」の3日目、2日目を6位タイで終えた横峯さくらは、最終組の一組前から首位の辛ヒョンジュを追いかけてスタートした。

この日も1番パー5で2オンを狙い、グリーン奥のカラーまで運んだ横峯は、そこからパターで寄せてOKバーディ。続く2番でも、ピン下4mを沈めて連続バーディとし、幸先良いスタートを切る。続く3番で第2打をグリーン左に外して寄らず入らずのボギーとしたが、ピンチらしいピンチはこの1回だけだった。

4番では、ラフからピンそば1mにつけるなど、ショットが冴え、合計6つのバーディを量産。ボギーは僅かに1つで抑えてこの日ベストの「67」を叩き出し、通算5アンダーへとスコアを伸ばした。首位の辛も通算10アンダーへとスコアを伸ばしたが、通算6アンダーの申智愛と共に最終組で最終日を迎える。

「昨日よりドライバーショットが良くて、パーオンすることが出来ました。耐えるゴルフが出来て良かったです」という横峯。昨日のホールアウト後の練習で、キャディのジョン氏から指摘され、ヘッドアップが早いことと、フォロースルーを低く長く出すことを意識して、ショットが安定したという。

「5打差は凄い厳しいと思うけど、一つでも伸ばしたいです。このコースは何があるか分からないので、自分のプレーをしたいです」と、横峯は自分との戦いを強調する。「PRGRカップ」で負けた申智愛へのリベンジのチャンスでもあるが、「今週は人っていうよりコースですね。まずはティショットをフェアウェイに置くこと。ショットは悪くないと思うので頑張りたいです」と、雑念は無かった。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。