ニュース

国内女子日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

風に惑わされるもスコアをまとめ、17位タイ発進!

2008/09/11 21:27


「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」初日。前日、勝利への強い想いを口にしていた横峯さくらは、11時19分に10番ティからスタートした。ラフ対策として投入した70度のウエッジの出番が、早速11番パー4で巡ってくる。ラフから放った残り10ヤードの3打目を見事ピンに絡め、OKパーに。直後の12番パー4では5メートルのパーパットを外してボギーとしたものの、14番パー5では5メートルのバーディパットを入れ返し、前半をイーブンパーで折り返した。

前半とは一転して、出入りの激しい内容となった後半。1番パー5では残り217ヤードの2打目がグリーンをとらえ、2パットのバーディ。しかし、2番パー4で放ったフェアウェイからの2打目を引っ掛け、グリーン左奥に外してボギー。「これで流れを悪くしてしまいました。もったいなかった」と振り返る横峯は、3番パー4で連続ボギーを叩いてしまう。その後も5番、6番で連続ボギーを叩いたものの、4番、8番とバーディを奪い、最終的には4バーディ、5ボギー。傷口を広げることなく、1オーバーの17位タイで終えた。

「今日は風がいつもと違って、ドライバーでも持っていかれて“アレッ”ていうのもありました」と、ショットがブレ気味だったという横峯。それでも「今日のゴルフで1オーバーならいいですね。凡ミスも何個かあったので、そこを修正したいです」と、まずまずの自己評価を与えると共に、明日に向けての課題を挙げた。明日は、風が穏やかで条件のよい午前スタート。「一つでも縮められるように頑張りたいです」と、改めて意気込んだ。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。