ニュース

国内女子日本女子オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

横峯さくら「とりあえず、予選を通って良かったです」

2008/10/03 18:46


「日本女子オープン」2日目、初日を5オーバー59位タイと出遅れた横峯さくらは、前日苦しんだパッティングを修正するため、この日はいつものマレット型から、小ぶりのスパイダーにパターを替えて、10番ティからスタートした。

しかし、立ち上がりの10番で1.5mのパーパットを外してボギー。12番パー3、14番パー3とパーオン出来ずにボギーとし、カットラインも気になる通算8オーバーへと後退した。

「前半はバーディを獲りたい気持ちが先行して、ボギーを叩いてしまったので、後半はパーを狙ってバーディが来たらラッキーと、気持ちを切り替えました」という横峯。折り返した1番で5mのバーディパットを沈めると、4番をボギーとしたが、続く5番でバーディ奪取。6番パー5では2オンに成功しながらも3パットでパーとしたが、後半は1つスコアを伸ばして、結局この日は2バーディ4ボギーの「74」。通算7オーバーの31位タイに踏みとどまった。

「前半は馬鹿みたいな凡ミスのボギーをパー3で打ってしまったけど、後半耐えて、とりあえず予選を通って良かったです」という横峯。パッティングについては、「タッチ自体は大分慣れてきたという感じですが、昨日の今日なので上出来だと思います」と及第点を与えた。

コースが難しいだけに、残り2日間次第でまだまだ上位進出のチャンスは残されている。「あと2日あるので、我慢我慢という感じです」という横峯。「曲げると、いっぱいいっぱいのパーしか獲れないので、最終的にはティショットですね。とりあえず予選は通ったので、思い切り行きたいです」と、決勝ラウンドでの巻き返しを目指す。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 日本女子オープンゴルフ選手権競技




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。