ニュース

米国女子全米女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2008年 全米女子オープン
期間:06/26〜06/29 インターラチェンCC(ミネソタ州)

強風に悩まされ…、さくら失速

2008/06/29 13:32


「全米女子オープン」3日目、横峯さくらは通算イーブンパーから上位を目指してスタートした。前日のサスペンデッドの影響は受けずに、10時16分に1番からティオフした横峯だが、2打目をグリーンに載せたところで、雷雲の接近によりすぐに一時中断となってしまう。約45分後に再開すると、上りのファーストパットを2mショートしたが、これを沈めてナイスパーで乗り切った。

続く2番パー5は2オン可能なチャンスホール。しかし、ティショットを右のラフに入れた横峯は、第2打を左サイドのバンカーへ入れ、3打目は花道、4打目のアプローチでピン下5mに運んだが、これを外してボギーとしてしまう。続く3番パー5でも、ティショットを左に曲げてボギーとし、序盤の獲るべきパー5で2つスコアを落としてしまった。

それでも、316ヤードと距離の短いパー4の7番で、グリーン手前のバンカーから1mに寄せてバーディを奪うと、打ち上げで極端な受けグリーンの9番でも9mのパットを沈め、難易度の高い2ホールでイーブンパーへとスコアを戻した。

だが、この日は一日中風が強く吹き、それが大きく影響する。「ショットを打とうとしたときに風が変わったりして、苦労しました」という横峯は、11番でボギー、14番パー3では2オン3パットのダブルボギー、15番でもボギーを叩き、後半はノーバーディで4つスコアを落としてしまう。結局この日は「77」とスコアを崩し、通算4オーバーの43位タイで3日目を終えた。

前日乱れたドライバーショットは修正できたというものの、風に悩まされた一日に疲れきった表情を浮かべた横峯。最終18番では、刻もうとした2打目が大きく左に抜けてしまい、隣のホールのラフまで行ったが、そこからグリーンに載せてナイスパーセーブで締めくくった。今年のクラフトナビスコ選手権では、最終日に4日間のベストスコアを出して、日本人最上位に入っているだけに、最終日につながるホールとなるか。「明日は最後なので、頑張りたいです」と、前向きに話した。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 全米女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。