ニュース

米国女子全英リコー女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2008年 全英リコー女子オープン
期間:07/31〜08/03 サニングデールGC(イングランド)

中盤以降の猛チャージで、辛くも予選突破!

2008/08/02 07:01


「全英リコー女子オープン」2日目を52位タイで迎えた横峯さくら。決勝ラウンド進出は65位タイまでと、カットラインを見据えながらのプレーとなった。しかし、序盤はパットに苦しむ展開に陥ってしまう。

1番、2番のパー5でスコアを伸ばしたいところだが、ともに約2メートルのバーディパットはカップを逸れる。3番パー4では2打目をピンに絡めてバーディを奪うが、4番パー3では3メートルのパーパットを外してボギー。5番パー4ではティショットをバンカーに打ち込むと、「(グリーンを)狙うところではなかった」という2打目がバンカーのアゴに当たり、再び足元のバンカーへ。4オン2パット、痛恨のダブルボギーを叩いてしまう。6番、8番もボギーとし、一時はカットライン圏外へ大きく後退。窮地へと追い込まれる。

しかし、ここから「(グリーンの)ラインの読みが合ってきた」という横峯は、一転して別人のようなプレーを見せる。273ヤードの9番パー4ではピン上3メートルにワンオンし、イーグルをマーク。10番、11番、13番、17番と次々とバーディを量産し、ここ一番で持ち前の爆発力を発揮した。最終18番パー4では、2打目がグリーン手前のバンカーにつかまるなど4オン2パットのダブルボギーとするが、通算1アンダーの46位タイで予選通過を果たした。

「最後に凡ミスをしてしまって、もったいなかった」と振り返る横峯。ホールアウト後の時点では予選落ちの可能性もあったため、「練習が足りないということが分かりました。練習できる体力と精神力が足りないですね」と反省の弁ばかりが目立った。決勝ラウンドは、とにかく上位を目指してスコアを伸ばし続けるのみ。自分自身との戦いになる。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 全英リコー女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。