ニュース

米国女子クラフトナビスコチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

2007年 クラフトナビスコチャンピオンシップ
期間:03/29〜04/01 場所:ミッションヒルズCC(カリフォルニア州)

「ゴルフって分からないですね」さくら、3日目は目標のアンダーパーを達成!

2007/04/01 00:00


2日目を終えて通算8オーバーと、メジャー仕様の難コースに苦戦を強いられている横峯さくら。決勝ラウンドに入った3日目も、苦しい立ち上がりとなった。

インスタートのこの日、3ホール目の12番では2打目をグリーン手前のバンカーに入れたが、6mのパーパットを沈めてここは無傷で切り抜ける。だが続く13番では、ラフからのアプローチを3mに寄せたものの、パーパットを決めきれずにこの日もボギー先行としてしまう。15番でも左右のラフを渡り歩いた末に3オン2パットのボギー。一時は通算10オーバーまで後退した。

<< 下に続く >>

流れが変わったのは、18番。前日に続いて2オンを狙った横峯は、ピンまで200ヤードを5Wで振り切って、池を越え手前カラーまで球を運んだ。そこからPSで3mに寄せて、このホール2日連続でバーディを奪う。折り返した1番でも4mを沈めて連続バーディ。その後はパーを積み重ね、7番、8番と再び連続バーディで6オーバーまでスコアを伸ばした。最終ホール、4mのパーパットを読みきれずにボギーとしたが、目標のアンダーパー「71」を達成し、通算7オーバー38位タイとスコアも伸ばした。

「最後のパーパットは、どう見てもスライスに見えるのだけれど、フックしていきましたからね」という横峯だが、3ラウンド目に入って徐々にグリーンにも慣れてきている。「ラインも少しは読めるようになってきました」と、攻略に手応えを掴んだようだ。

「昨日、一昨日よりショットが悪くてアンダーパーなので、ゴルフって分からないですね」。
パットに助けられた3日目。「ドライバーは練習しているけど、身になっていなくて・・・、明日は思いっきり振って行きたいです」。持ち前の飛距離を生かして、メジャー最終日もアンダーパーを目指す。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 クラフトナビスコチャンピオンシップ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!12月のマンスリーゲストには築山栗子選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!