ニュース

米国男子アーノルド・パーマーインビテーショナルの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼

遼、最終日は後退も「得たものは大きい」

2012/03/26 08:54


フロリダ州のベイヒルクラブ&ロッジで行われた米国男子ツアー「アーノルド・パーマーインビテーショナル」最終日。石川遼は3バーディ、6ボギーの「75」とスコアを落とし、通算5オーバーの53位タイで4日間を終えた。

2オーバーの50位タイから午前中のティオフとなった石川は、スタート直後につまずいた。出だしの1番で第2打をグリーン右手前のバンカーに打ち込むと、これが不運にも“目玉”となって第3打はピンを大きくオーバー。「リカバリーできなかったのが、ボギーになってしまった」。これをきっかけに、ショートゲームが冴えずまさかの3連続ボギー発進となってしまった。

中盤は建て直しを見せ、左ラフからピンそば50センチにつけた5番から2連続バーディを取り返す。しかしミドルパットがなかなか決まらず、大きな巻き返しにはつながらない。

後半インでは12番(パー5)で第2打を左のフェアウェイバンカーに入れてボギー。続く13番で3メートルのチャンスを活かしてバーディとするが、ショートパットを外した15番に続き、17番(パー3)ではグリーン左サイドのギャラリーテントを直撃するほどのティショットを見せてしまい、終盤4ホールで2ボギーをたたいた。

スコアをひとつでも伸ばしてフィニッシュしたかったが、石川は「すごくいい4日間でした。自分のためになった。毎日違うことをやっている(テストしている)が、スイングがバラバラではなくなってきた」とマスターズ前、自身最後のトーナメントで、2日目にギリギリで予選を通過し、緊張感のある決勝ラウンドでプレーしたこと自体を評価した。ラウンド中には3番ウッドでアゲンストの風を切り裂く低弾道ショットも積極的に実戦で投入。「得たものは大きかった」と話した。

目標としていた今大会終了後の世界ランク50位以内の確保はできなかった。しかしオープンウィークとなる今後1週間でそれぞれの精度を高めるとともに、「残り3ホールで足がしっかりと動くようなスイングを作っていかないといけない」と課題を語った。

次戦はいよいよ4度目の夢舞台。「できれば20位以内、去年の自分の成績(20位タイ)を上回りたい」。成果と課題、そして目標を明確にして、オーガスタへと向かった。(フロリダ州オーランド/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

2012年 アーノルド・パーマーインビテーショナル




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。