ニュース

米国シニア全米シニアプロ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2014年 全米シニアプロ選手権
期間:05/22〜05/25 ハーバーショアGC(ミシガン州)

室田淳が急追!8打差から一気に首位タイへ浮上

◇米国シニアメジャー◇全米シニアプロ選手権 2日目◇ハーバーショアGC(ミシガン州)◇6,852ヤード(パー71)

初日は2オーバー63位で、首位との8打差を追った室田淳が、2イーグル、3バーディ、1ボギーの「65」で急追し、通算4アンダーで首位タイに浮上した。同じ首位には、現在賞金ランクトップのベルンハルト・ランガー(ドイツ)、トム・ワトソンコリン・モンゴメリー(スコットランド)といったビッグネームらも浮上。全6選手がトップに並ぶ混戦で、決勝ラウンドを迎える。

10番から出た室田は、3バーディ1ボギーで最初の9ホールを折り返し、後半は5番のパー5でイーグルをマーク。最終9番のパー5でもイーグルを奪い、一気にリーダーボードを駆け上がった。

ほかの日本勢では、前年の大会覇者・井戸木鴻樹が4バーディ、2ボギーの「69」でスコアを伸ばし、通算4オーバーまで巻き返して61位で予選通過。羽川豊は通算5オーバーの79位、東聡は通算9オーバーの114位、奥田靖己は通算10オーバーの120位でともに大会を終えた。

【主な上位成績】
1T/-4/室田淳B.ランガーT.ワトソンC.モンゴメリー、B.ブライアント、S.ティニング
7T/-3/D.フォースマン、R.コクラン、M.ブルックスS.エイムズS.ペイト

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 全米シニアプロ選手権




特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。