ニュース

米国シニアSAS選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2003年 SAS選手権
期間:09/19〜09/21 プレストンウッドCC(ノースカロライナ州)

T.カイトの猛追届かず!D.A.ワイブリングがツアー初優勝!!

米国チャンピオンズツアー第27戦『SAS選手権』が、ノースカロライナ州のプレストンウッドCCで開催された。この大会は今年が3度目の開催で、過去2大会はブルース・リツキが優勝。今大会3連覇の期待がかかったリツキだが、初日に1アンダー26位と静かなスタートをきると、2日目に42に後退。最終日もスコアを伸ばせずイーブンパーの48位と平凡な成績に終わった。

最終日を首位で迎えたのは、12アンダーのジム・エイハーンだった。2位に3打のリードを持ってスタートしたが、1番でボギーを叩くと前半だけで4ストローク落とし、優勝争いから脱落してしまった。

代わって優勝争いに加わってきたのは、9時6分にアウトコースのトップ組でスタートしたトム・カイトだった。最終組の2時間以上前にスタートしたカイトがバーディラッシュの快進撃を見せた。3番ホールから4連続バーディを奪うと、後半は11番から5連続バーディ。さらに17、18番の上がり2ホールを連続バーディでフィニッシュし、この日だけで11ストローク伸ばし通算12アンダーの首位でホールアウトした。

上位につけている選手にとっては、カイトのスコアが1つの目標になった。そのカイトを捕えたのは7アンダー6位タイからスタートしたD.A.ワイブリングだけだった。10番までに4ストローク伸ばしたワイブリングは、中盤は伸び悩んだが、終盤17番パー5でイーグルを奪い12アンダー首位タイ。

そして最終18番、プレーオフに備えていたカイトの前でワイブリングがバーディを奪い優勝を決めた。レギュラーツアーで5勝しているワイブリングが、チャンピオンズツアー参戦1年目で嬉しい初優勝を果たした。

日本から唯一出場している青木功は、2日目にスコアを1つ伸ばしたが、最終日は再び2オーバー。通算3オーバーの61位で終了している。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 SAS選手権




特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。