ニュース

米国シニアACEグループクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2012年 ACEグループクラシック
期間:02/17〜02/19 ツインイーグルスGC(フロリダ州)

K.ペリーがツアー通算2勝目!昨年覇者のB.ランガーは2位

◇米国シニア◇ACEグループクラシック最終日◇ツインイーグルスGC(フロリダ州)◇7193ヤード(パー72)

バーディ合戦が繰り広げられた初日、2日目とは打って変わり、時折突風が吹き荒れる悪コンディションの中、上位陣のスコアは伸び悩んだ。しかしそんな中、2日目に「62」をマークして単独首位に立ったケニー・ペリーが後続に5打差をつける圧勝で、ツアー通算2勝目を飾っている。

この日のペリーは序盤に3つのバーディを奪ってリードを広げ、後半は1バーディ、2ボギーと1ストローク落とすも通算20アンダーのビッグスコアで優勝を手にした。「最後はボギーパットだったけど、絶対に入れたかった。なんとしても20アンダーでホールアウトしたかったんだ。僕には大きな勝利になったよ」とペリー。初日、2日目にマークした“18アンダー・126ストローク”は、ツアー36ホール最少スコアの記録を打ち立てた。

通算15アンダーの単独2位には、昨年覇者のベルンハルト・ランガー(ドイツ)が続いた。2日目に単独4位に浮上したランガーは、序盤の2番から連続ボギーと苦しいスタートを強いられるも、前半に2つのバーディを奪ってイーブンパーとし、さらに17番(パー5)ではイーグルを奪って粘りを見せた。連覇は叶わなかったものの、シーズン序盤、好調の滑り出しを見せている。

通算14アンダーの3位タイには、ビル・グラッソン、マイク・グッデストム・レーマンの3選手が並んだ。

2012年 ACEグループクラシック




特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~