ニュース

米国シニア全米シニアプロ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2004年 全米シニアプロ選手権
期間:05/27〜05/30 場所:バルハラGC(ケンタッキー州)

悪天候のため順延、飯合が暫定22位タイ

ケンタッキー州のバルハラGCで行われている、米国チャンピオンズツアー第13戦『全米シニアプロ選手権』の2日目。第1ラウンドの残りと第2ラウンドが行われる予定だったが、この日も天候は回復せず、選手全員が第1ラウンドが終えたのは、現地時間の17時45分と大幅にスケジュールが遅れた。その後、第2ラウンドが開始されたが現地時間の20時44分に日没サスペンデッドとなり、約半数の選手がスタートを切れずに明日3日目を迎える。

大会2日目を終えて暫定首位に立ったのはウェイン・レビ。第2ラウンドで4つスコアを伸ばし、11番を終えて通算6アンダーまで伸ばした。暫定2位には、9番まで終えているギル・モーガンが通算5アンダーをマーク。また、暫定3位タイには第2ラウンドをまだスタートしていないトム・ワトソン、ヘイル・アーウィンが並んでいる。

日本勢は、飯合肇が第1ラウンドを終えて1オーバーの暫定22位タイ。山本善隆が5番を終えて通算4オーバーの暫定60位タイ。三好隆が6番を終えて通算6オーバーの暫定88位タイ。青木功は8番を終えて通算7オーバーの暫定97位タイ。高橋勝成は第2ラウンドをスタートしておらず8オーバーの暫定112位タイ。尾崎健夫は8番を終えて12オーバーの暫定141位タイにつけた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 全米シニアプロ選手権




特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!