ニュース

米国シニア全米シニアプロ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2004年 全米シニアプロ選手権
期間:05/27〜05/30 場所:バルハラGC(ケンタッキー州)

全米シニアプロ選手権/H.アーウィンに優勝インタビュー

-「18番でジェイ・ハースがパーで終わり、バーディを奪えば勝ちという場面で、どう攻めると考えましたか?」

ヘイル・アーウィン
「初日と似たような位置に打ててましたからね。初日も3番ウッドでグリーンをとらえたのですが、あんなに飛ぶと思っていなかったんです。ただシャフトを変えてから、飛距離が伸びましたから、風に上手く乗せられればオンできるかなと思って攻めました。ただ落ちたところからピンまで大きなマウンドがあって、1メートル以上の高さを登って下るパットでしたから、あそこまで寄せられて正直驚きました」

-「素晴らしい驚きのパットでしたね」

ヘイル・アーウィン
「このコースでは、とくにバックナインではあのような厳しいパットを決められなければ勝てないんだ。今日はあまりパットが良くなかったんだけれど、追い詰められた場面で決まってくれた。今日はパットに関してはアグレッシブに攻める自信がなかったから、辛かったけれど、短いパットを大事に決められたから結果につながった」

◇50代後半でも絶好調?!50歳~54歳と55歳~59歳の成績を比較。
参戦試合数:50歳~54歳=106試合、55歳~59歳=109試合
優勝回数:50歳~54歳=25勝、55歳~59歳=15勝
トップ10入り:50歳~54歳=84回、55歳~59歳=74回
賞金総額:50歳~54歳=964万ドル、55歳~59歳=978万ドル

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 全米シニアプロ選手権




特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!