ニュース

米国シニア全米シニアプロ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2004年 全米シニアプロ選手権
期間:05/27〜05/30 場所:バルハラGC(ケンタッキー州)

全米シニアプロ選手権で棄権者が続出

2004/06/08 09:00

2003年5月に扁桃腺及び舌に癌が発見されたフーベルト・グリーン選手は、同年6月末に放射能及び化学療法を始めたが、今回第2ラウンドの4番をプレー終了後、競技を放棄した。

4月にツアーに戻ってきてから良い成績を収めることができなかったグリーンだが、第1ラウンドを「74」で終了し、予選を通過するかと思われていた。だが、第2ラウンドの4番を6オーバーで終えた。 4番でクワドループル・ボギー(8打)を出してしまったグリーンは、関係者に体調がよくないと述べコースを後にした。

バルハラのタフな地形と、悪天候による度重なる延期が主な理由として、何名もの選手が競技を放棄した。アーノルド・パーマーやジャック・二クラスを含み、合計12名の選手が棄権している。

Golfweek

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 全米シニアプロ選手権




特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!