ニュース

米国シニア全米シニアプロ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2004年 全米シニアプロ選手権
期間:05/27〜05/30 場所:バルハラGC(ケンタッキー州)

ワトソンがメジャー3連覇に向けて首位首位!日本のトップは飯合の31位

米国チャンピオンズツアー第13戦『全米シニアプロ選手権』が、ケンタッキー州のバルハラGCで開幕した。大会初日、荒天に見舞われてしまいスケジュールが大幅に遅れた。このため約半数の選手が第1ラウンドを終了できず、サスペンデッド。第1ラウンドの残りは、2日目に行う予定。

チャンピオンズツアーのメジャー第1戦。距離が長くさらにここ1週間の雨でボールのランが出なくなり、さらに厳しくなった。またグリーンも米国の中でも難しいとされるバルハラGCで選手たちはスコアメイクに苦しんだ。

<< 下に続く >>

そんな難コースで、年をまたいでのメジャー3連覇の夢がかかるトム・ワトソンが首位に立った。ワトソンは悪天候の中も、順調にスコアを伸ばし4アンダーをマーク。ヘイル・アーウィンと並び首位に踊り出た。また、1打差で追う3位には、現在賞金ランキング1位のギル・モーガンがつけている。モーガンは15番ホールを終えてサスペンデッド、3アンダーをマークしている。

日本からも多くの選手が参戦。その中で今季からチャンピオンズツアーに参戦している飯合肇が1オーバー31位タイでホールアウトし、日本人の中でトップに立つ。続いて2オーバーの40位タイに尾崎健夫、山本善隆の2人。尾崎健夫は14番、山本は9番を終了した時点で初日を終えている。そのほか、青木功は4オーバーの77位タイ、高橋勝成は8オーバーの130位タイと出遅れた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 全米シニアプロ選手権




特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!