GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子日本プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

3兄弟激突。勝利の栄冠は末の弟へ

1999/05/16 18:00

順位 選手名 通算 合計
1 尾崎直道 -5 283
2 尾崎将司 -3 285
3 尾崎健夫 -2 286
4 細川和彦 0 288
5 桑原克典 +1 289
5 T.ハミルトン +1 289
5 鈴木亨 +1 289
5 高橋勝成 +1 289
9 キム・ジョンドク +2 290
9 芹澤信雄 +2 290

スコア詳細を見る

終わってみれば今年のPGAチャンピオンシップ、まるで尾崎兄弟のための試合だった。順位表の1位から3位までがみんな尾崎。すごい兄弟だ。

悲願・復活優勝を狙ったジェット健夫はズルズル崩れ、追い込んできたジャンボ将司もひまひとつ迫力を欠いた。末の弟ジョーがこれも苦しみながら、しかし前半のリードを生かし、要所を抑えての69。今季2度目のV。兄二人がもつ公式戦ジャパンプロのタイトルをついに手に入れた。

危ないシーンがいくつかあった。中でも14番ティショットが左の林に消えたときは、さすがにジョーの顔が暗くなった。これで貯金が消える。相手はジェットになるのか、ジャンボになるのか、いずれにしても苦しい戦いになる・・。

そのショットが嘘のように跳ね返っていてセーフ。「この試合に勝つにはロングアイアン、ティショット、ミドルアイアン、すべてが必要。結果ラッキーというものがない」と言う尾崎直道だが、しかしラッキーも味方につけないと勝てないのが日本プロだった。

「ジェットをアッと言わせたかった」と直道は言う。3日目はスコアボードを見たらあっというまにジェットに抜き去られていた。ショックだった。そして今日は逆の立場になった。出だしのイーグルでアニキをアッと言わせることができた。自分自身も「これでやれる!」という気になれた。

17番は前を行くジャンボがきっとバーディと思っていた。ところが思ったよりピンの近くに乗せたのが見えた。これは計算外。「入ったみたいなアクションしてたんで、え、嘘だろ、イーグルだけは勘弁してよと・・・そしたら次にギャラリーがざわめいた。まさかと思ったけどね。ジャンボがバーディも取れなかったんだ・・」

九分九厘もらった!と勝利を確信したのはこの時だったという。ジェット、ジャンボ。二人の強敵を蹴散らして、ようやく手に入れたタイトル。「5月18日は誕生日。いつもは米ツアーのコロニアルなんですが、今年は出られない。だから本当に身内だけ、家族で誕生日を迎えられます。いままでの生涯でいちばんいい誕生日かな」

このままやれば賞金王もとれそうな予感がする。そのためには米国でのツアーを減らさなければならない。板挟みの心境。今は迷いに迷っている。


特集SPECIAL

ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯が、8月17日(木)恵庭CC(北海道)で開催。大会期間中は、試合・練習の模様をインターネットで生中継!賞金1億円は誰の手に!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?