ニュース

国内男子ザ・ロイヤルトロフィの最新ゴルフニュースをお届け

2012年 ザ・ロイヤルトロフィ
期間:12/14〜12/16 エンパイアホテル&CC(ブルネイ)

2度のアクシデントに負けず 韓国最強ペアが勝利

ブルネイのエンパイアホテル&CCで開催中の「ザ・ロイヤルトロフィ」2日目。フォアボール形式でのダブルスマッチプレーに臨むキム・キョンテ(韓国)にはこの日、欧州選抜の2人を1人で迎え撃つ可能性があった。コンビを組むY.E.ヤン(韓国)がスタート前に腰痛を訴え、棄権する恐れが浮上。前夜の組み合わせ発表後にはメンバーを変更できないのがルールで、なんとか強行出場したヤンだったが、尾崎直道キャプテンが最も勝利の期待を寄せたコンビのマッチには、暗雲が漂っていた。

ところが試合が始まると、ヤンはそんな不安は微塵も感じさせないプレーを見せた。出だしの1番、フェアウェイから残り135ヤードの第2打を9番アイアンで直接カップに沈めてイーグルを奪うと、2番からは圧巻の4連続バーディ。5ホールを終えて4アップと大量リードを勝ち取った。

するとキョンテも魅せる。7番(パー3)では右から3メートルのバーディパットを決め、さらに折り返しの9番では、今度は残り124ヤードをピッチングウェッジで直接沈めてイーグルとし、5アップまでその差を拡げた。

ところが後半はヘンリック・ステンソン(スウェーデン)、ゴンサロ・フェルナンデスカスタノ(スペイン)が息を吹き返し、15番を終えた時点でアジアの1アップまで迫られる。そして同ホールでは痛恨のアクシデント。キョンテがバーディを逃した直後に、グリーン上で“反省、復習”の意味を込めて思わずパット練習をしてしまった。「試合前のミーティングで説明を受けていたのに・・・」。これは大会のルール違反。続く16番ホールは、ペナルティによりヤンが一人でプレーすることに。しかしここを先輩がパーでしのぐと、続く17番で後輩は2メートルのバーディチャンスを確実に活かし、2&1で勝利を収めた。

「今までもヤンさんは背中が痛いということがあって・・・これからまた世界の試合もあるから、ダメなら僕一人で行くつもりだった」とキョンテ。しかしその心配も杞憂に終わり「前半からすごかった」と改めてY.Eの力を実感する。一方、貫禄を見せたメジャーチャンピオンも「僕とキョンテはこれまで(プレジデンツカップなどで)5回、6回と一緒にコンビを組んできた。コミュニケーションもバッチリ」と自信の表情。ケガについては「ちょっと痛いけれど、大丈夫」と話しながらも、最終日の決戦に照準を定めていた。(ブルネイ・バンダルスリブガワン/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 ザ・ロイヤルトロフィ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。