GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子 中日クラウンズの最新ゴルフニュースをお届け

風の和合、尾崎健夫がトップ

順位 選手名 通算 合計
1 尾崎健夫 -1 69
2 尾崎直道 0 70
2 久保谷健一 0 70
4 原田三夫 +1 71
4 T.プライス +1 71
4 木村政信 +1 71
4 藤田寛之 +1 71
4 日下部光隆 +1 71
9 細川和彦 +2 72
9 横尾要 +2 72

スコア詳細を見る

ただでも難しいコースに10メートル近い強風が加わり、選手が手をやいた様子がスコアでわかる。初日のリードを取ったのは1アンダーで尾崎健夫。2位には1打差で尾崎直道久保谷健一が並ぶ。

初日、首位に立った尾崎健夫はパーパットがよく入った。「最高のスタートがきれた」と。しかし、3番ホールでアプローチに失敗して「諦めかけた場面だったが、その後7メートルのスライスラインが入り持ち直した」 実は右膝の水を1カ月前に抜いている。下りは歩きにくいがスウィングに支障はないとのこと。

和合は風の強さが変化するうえ、グリーンが小さい。「今日は過去の中でも難しい方」と尾崎直道。18番ホールの第2打目をOBにしてしまった。「セカンドOBなんて昨年のフジサンケイ以来かな?」 6年間の米国出場中にもおぼえがないという。パターは好調、1番ホールの10メートル、16番はエッジからのパットを沈めた。

ジャンボは3オーバー17位タイ。そのジャンボと一緒に回ったM.オメーラは「風を理由には出来ないが、パーオン率が悪すぎた」10オーバーを叩き84位とした。「自分の記憶もさだかではないが3年振りくらいの大叩き」という。デービス・ラブIII欠場の穴を埋めるべき期待されているオメーラだが、ちょっと苦しいスタートだ。


特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?