ニュース

米国男子ニッサンオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2003年 ニッサンオープン
期間:02/20〜02/23 リビエラCC(カリフォルニア州)

またしても逆転、カナダのマイク・ウィアがシーズン2勝目!

米国男子ツアー第7戦「ニッサンオープン」が、カリフォルニア州パシフィックパリセーズにある、リビエラカントリークラブで開催された。4アンダー10位からスタートしたカナダのマイク・ウィアが、単独首位でスタートしたチャールズ・ハウエルIIIをプレーオフで下し、今シーズン2勝目を挙げた。

2位に3打差の11アンダーからスタートしたチャールズ・ハウエルIIIは、3日間安定したゴルフを見せていたが、最終日はボギーを4つ叩きスコアを2つ落とした。終盤の17番パー5では、先に上がっていたウィアを引き離しに掛かるが、3打目でもグリーンを捕らえずバーディを奪えなかった。

プレーオフ1ホール目は互いにパー。そして2ホール目は距離の短い10番パー4。ウィアは手堅くフェアウェイをキープし、ハウエルは持ち前の飛距離を生かして1オンを狙った。しかし、グリーン40ヤード手前のバンカーにつかまりピンチを迎える。先にピン手前3メートルにウィアが乗せたが、ハウエルもスーパーショットを放ちその内側につけた。

しかし、今シーズン開幕から絶好調のウィアは、落ち着いてバーディパットを沈め、ハウエルにプレッシャーをかけた。この大事な場面で、ハウエルのパットはカップの左サイドをすり抜けてしまった。ハウエルは2年前、丸山茂樹に敗れて以来、プレーオフは2戦2敗。

ツアー通算5勝目を挙げたウィアは、今シーズン早くも2勝目。4試合に出場しすべてベスト10に入っている。獲得賞金も開幕から2連勝したアーニー・エルスを抜いてトップに立っている。

3日目に73を叩き28位まで後退してしまったタイガー・ウッズだが、最終日は意地を見せた。3番でバーディを先行させると、8番からは4連続バーディ。16番パー3でボギーを叩いたが、終盤の17、18番を連続バーディでフィニッシュした。この日のベストスコア65を叩き出す「タイガーチャージ」で、6アンダー5位に食い込んだ。

1アンダー22位からスタートした田中秀道は、10番ホールからスタートし、いきなりイーグル逃しのバーディスタートを切った。しかし、その後はスコアを伸ばせず3バーディ、3ボギーでスタート時の1アンダーでホールアウト。「何とか赤い字(アンダーパー)でフィニッシュできて良かった」。24位タイで終了した。

3オーバー48位の丸山茂樹は、最終日にバーディを奪えず我慢のゴルフ。2ボギー、1ダブルボギーという内容で、7オーバー59位となった。今週は7名の日本人選手が出場していたが、伊沢利光、今野康晴といったスポット参戦の2人も、レギュラー組の久保谷健一横尾要貞方章男とともに予選ラウンドで姿を消してしまった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 ニッサンオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。