2010/03/09プエルトリコオープン

強豪不在の1戦!丸山茂樹に期待!

CA選手権」と同週開催とあって、賞金ランク上位選手は不在。出場選手にとっては、好機となる。 昨年のチャンピオンは、首位タイで最終日を迎えたマイケル・ブラッドリー。先にホールアウトしていたブレット
2009/07/13ジョンディアクラシック

36ホール決戦の最終日、S.ストリッカーが逆転優勝!

。 ストリッカーに続いたのは、終盤に3連続バーディをマークしたザック・ジョンソン、最終ラウンドをノーボギーと安定したゴルフを披露したブラント・スネデカーに、ブレットクイグリーを加えた3人。4位タイ
2009/03/23トランジションズ選手権

石川遼は71位で4日間を終える 優勝はR.グーセン

IIIとブレットクイグリー。60位タイからスタートした今田竜二は、上がり3ホールを3連続ボギーとする後味の悪いフィニッシュとなったが、通算4オーバーの46位タイに浮上して終えている。
2009/03/16プエルトリコオープン

M.ブラッドリー、最終ホールで勝利を決める!

にバーディを奪うなど粘りを見せ、首位に踏みとどまる。そして迎えた最終18番。中盤以降スコアを伸ばし、先にホールアウトしていたブレットクイグリーにジェイソン・デイ(オーストラリア)、ブラッドリーが通算
2009/03/08ザ・ホンダクラシック

Y.E.ヤン単独首位をキープし最終日へ! 米ツアー初勝利に王手

チャーリー・ウィ(韓国)、ジョン・ロリンズ、ブレットクイグリーの3人。中でもウィは折り返しを挟んで4連続バーディをマークするなどして、ベストスコア「65」をマーク。勢いは随一なだけに、2ストロークの差も気に
2006/10/14ザ・ツアー選手権 presented by コカコーラ

混戦が続く中、A.スコットとJ.デュラントがトップに並ぶ!

(オーストラリア)、レティーフ・グーセン(南アフリカ)、ブレットクイグリーの強豪4人がつけ、通算イーブンパーの7位タイにもジム・フューリックら3人が顔を揃える混戦が続いている。 注目選手では、ビジェイ・シン
2006/09/1884 ランバークラシック

B.カーティスが今季2勝目を飾る!田中秀道は78位でフィニッシュ

タイからスタートしたブレットクイグリーが通算11アンダーでフィニッシュ。続く4位タイには、テッド・パーディらが通算10アンダーとして、今大会を終えている。 一方、日本勢で唯一の決勝ラウンドに進んだ田中秀道だったが、この日もスコアを伸ばせず2オーバー。通算7オーバーとして、単独78位に終わっている。
2006/08/05ビュイックオープン

タイガーが暫定首位に!今田竜二が暫定40位タイ

13アンダーまでスコアを伸ばして、ブレットクイグリーと並び暫定首位に立った。 バーディ発進したタイガーは、勢いに乗って4番から連続バーディを奪取。8番でもバーディを奪い、前半だけで4つスコアを伸ばした
2006/08/06ビュイックオープン

タイガーが18アンダーで単独首位!今田竜二は47位タイ

行われた。第2ラウンドを終えて単独の首位には、ブレットクイグリー。タイガー・ウッズが単独2位で追う展開となった。また、日本勢の丸山大輔と田中秀道は予選落ちとなった。 第3ラウンドに入ると、タイガーが
2006/06/25ブーズアレンクラシック

丸山茂樹が13位タイへ浮上!B.カーティスが首位を守る

、4番から6番にかけて3連続バーディを奪うなど、計4つのバーディを奪取。しかもノーボギーでスコア「67」をマークし、2位に5打差をつけて頭ひとつ抜け出している。 通算14アンダーの単独2位には、ブレット
2006/06/12バークレイズクラシック

V.シンが今季初優勝!今田竜二が15位タイでフィニッシュ

、ビリー・アンドレードとブレットクイグリーが入っている。 日本勢では、今田竜二がこの日3つスコアを伸ばして、通算2アンダーの15位タイ。一方の丸山大輔は、通算9オーバーの66位タイで今大会を終えた。
2006/06/06全米オープン

ミッシェル・ウィ「全米オープン」挑戦は最終予選で敗退!

フィニッシュ。通算3オーバーで通過ラインの4アンダーには及ばなかった。 通過を果たしたのは、36ホールで11アンダーをマークしたブレットクイグリーを筆頭に、ケビン・スタドラーやフィル・タタランギなどツアーで
2006/06/29

丸山茂樹、今田竜二の順位は?/男子各種ランキング

ストリッカーも19位に並んでいる。そのほか6位フィニッシュのブレットクイグリーが24位から15位に順位を上げてきている。 ・欧州ランキング スコットランドで行われた「ジョニーウォーカー選手権」で優勝した