2009/03/23トランジションズ選手権

石川遼は71位で4日間を終える 優勝はR.グーセン

IIIとブレットクイグリー。60位タイからスタートした今田竜二は、上がり3ホールを3連続ボギーとする後味の悪いフィニッシュとなったが、通算4オーバーの46位タイに浮上して終えている。
2004/07/25USバンク選手権 in ミルウォーキーオープン

首位にC.フランコなど3人が並ぶ混戦 谷原は33位タイ

、ムービングデイとも言われる大会3日目、選手たちがスコアを伸ばし、上位は大混戦となった。 首位スタートのカルロス・フランコがスコアに伸び悩む中、ブレットクイグリー、パトリック・シーハンが追い上げを見せ、3人…
2004/07/26USバンク選手権 in ミルウォーキーオープン

カルロス・フランコが4年ぶりの優勝!谷原は31位タイ

。 また、通算11アンダーの2位タイには、フレッド・ファンクとブレットクイグリーの2人。ファンクは、前半から果敢に攻めてこの日のベストスコア66をマーク。一方、首位スタートのクイグリーは、この日1つ
2002/12/30

2003米ツアーに挑むQスクール合格者たち

。 ■29位 ブレットクイグリー 33歳 2002年:米ツアーで32試合に出場。1回トップテンフィニッシュを飾ったものの、後はさっぱりだった。 ■30位 ブラッド・ラードン 37歳 2002年:米
2009/03/08ザ・ホンダクラシック

Y.E.ヤン単独首位をキープし最終日へ! 米ツアー初勝利に王手

チャーリー・ウィ(韓国)、ジョン・ロリンズ、ブレットクイグリーの3人。中でもウィは折り返しを挟んで4連続バーディをマークするなどして、ベストスコア「65」をマーク。勢いは随一なだけに、2ストロークの差も気に
2009/03/16プエルトリコオープン

M.ブラッドリー、最終ホールで勝利を決める!

にバーディを奪うなど粘りを見せ、首位に踏みとどまる。そして迎えた最終18番。中盤以降スコアを伸ばし、先にホールアウトしていたブレットクイグリーにジェイソン・デイ(オーストラリア)、ブラッドリーが通算
2005/02/18ニッサンオープン

タイガーが暫定5位の好発進!今田は暫定12位に

アンダーの暫定2位タイには、ダレン・クラーク、ルーク・ドナルドといった欧州勢、そしてブレットクイグリーの3人が好発進。大会3連覇を狙うマイク・ウィアも4アンダーの暫定5位タイと、初日から強豪勢が上位に
2004/06/30

ハース親子、記念すべき日を優勝で飾る!

とらえ、8メートルのイーグルパットを決めて13アンダーへ。続く7番でもビルはグリーン脇のラフからチップイン・バーディを決めて、14アンダーで首位に並んだ。最後の最後で、デイナとブレットクイグリー親子
2004/10/15クライスラークラシック of グリーンズボロ

防衛戦の丸山は19位タイの好発進!

、初日単独首位に立ったのは27歳のJ.ダフナー。パーオンを外したのは1ホールだけと正確なショットを披露し、7バーディノーボギーの完璧なラウンドで初日を終えた。また6アンダーの2位に、ブレットクイグリー
2006/06/06全米オープン

ミッシェル・ウィ「全米オープン」挑戦は最終予選で敗退!

フィニッシュ。通算3オーバーで通過ラインの4アンダーには及ばなかった。 通過を果たしたのは、36ホールで11アンダーをマークしたブレットクイグリーを筆頭に、ケビン・スタドラーやフィル・タタランギなどツアーで
2006/08/05ビュイックオープン

タイガーが暫定首位に!今田竜二が暫定40位タイ

13アンダーまでスコアを伸ばして、ブレットクイグリーと並び暫定首位に立った。 バーディ発進したタイガーは、勢いに乗って4番から連続バーディを奪取。8番でもバーディを奪い、前半だけで4つスコアを伸ばした
2010/03/09プエルトリコオープン

強豪不在の1戦!丸山茂樹に期待!

CA選手権」と同週開催とあって、賞金ランク上位選手は不在。出場選手にとっては、好機となる。 昨年のチャンピオンは、首位タイで最終日を迎えたマイケル・ブラッドリー。先にホールアウトしていたブレット
2006/06/12バークレイズクラシック

V.シンが今季初優勝!今田竜二が15位タイでフィニッシュ

、ビリー・アンドレードとブレットクイグリーが入っている。 日本勢では、今田竜二がこの日3つスコアを伸ばして、通算2アンダーの15位タイ。一方の丸山大輔は、通算9オーバーの66位タイで今大会を終えた。
2006/09/1884 ランバークラシック

B.カーティスが今季2勝目を飾る!田中秀道は78位でフィニッシュ

タイからスタートしたブレットクイグリーが通算11アンダーでフィニッシュ。続く4位タイには、テッド・パーディらが通算10アンダーとして、今大会を終えている。 一方、日本勢で唯一の決勝ラウンドに進んだ田中秀道だったが、この日もスコアを伸ばせず2オーバー。通算7オーバーとして、単独78位に終わっている。
2006/08/06ビュイックオープン

タイガーが18アンダーで単独首位!今田竜二は47位タイ

行われた。第2ラウンドを終えて単独の首位には、ブレットクイグリー。タイガー・ウッズが単独2位で追う展開となった。また、日本勢の丸山大輔と田中秀道は予選落ちとなった。 第3ラウンドに入ると、タイガーが
2006/10/14ザ・ツアー選手権 presented by コカコーラ

混戦が続く中、A.スコットとJ.デュラントがトップに並ぶ!

(オーストラリア)、レティーフ・グーセン(南アフリカ)、ブレットクイグリーの強豪4人がつけ、通算イーブンパーの7位タイにもジム・フューリックら3人が顔を揃える混戦が続いている。 注目選手では、ビジェイ・シン
2006/06/25ブーズアレンクラシック

丸山茂樹が13位タイへ浮上!B.カーティスが首位を守る

、4番から6番にかけて3連続バーディを奪うなど、計4つのバーディを奪取。しかもノーボギーでスコア「67」をマークし、2位に5打差をつけて頭ひとつ抜け出している。 通算14アンダーの単独2位には、ブレット
2005/04/23シェル・ヒューストンオープン

飛ばし屋J.デーリーが3位に浮上!ビジェイは一歩後退

伸ばすことができず、首位の座をあけ渡すことになった。 通算10アンダーまで伸ばし首位に立ったのは、ブレットクイグリー、ガビン・コールズの2人。首位と1打差の通算9アンダー3位タイに、ツアー界屈指の飛ばし