ニュース

米国男子USバンク選手権 in ミルウォーキーオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2004年 USバンク選手権 in ミルウォーキーオープン
期間:07/22〜07/25 場所:ブラウンディアパークGC(ウィスコンシン州)

首位にC.フランコなど3人が並ぶ混戦 谷原は33位タイ

ウィスコンシン州ミルウォーキーにあるブラウンディアパークGCで行われている、米国男子ツアー第29戦「U.S.バンク選手権 in ミルウォーキーオープン」の3日目。順位が大きく変動することから、ムービングデイとも言われる大会3日目、選手たちがスコアを伸ばし、上位は大混戦となった。

首位スタートのカルロス・フランコがスコアに伸び悩む中、ブレット・クイグリー、パトリック・シーハンが追い上げを見せ、3人が首位に並んだ。クイグリーはボギーのない安定したゴルフでこの日のベストスコア64をマーク。今季の最高順位は16位と今ひとつの成績だったが、ツアーも中盤に差し掛かりビッグチャンス到来。米ツアー悲願の初優勝を狙う。またシーハンも初優勝を狙う選手の1人、昨年から米ツアーに参戦している経験を活かし、優勝に結びつけることができるのか。

<< 下に続く >>

1打差の4位につけているのは、昨年ツアー3勝を挙げているケニー・ペリー。この日は、バーディを確実に積み重ねてスコアを5つ伸ばした。そして、通算7アンダーの7位タイには、フレッド・ファンクスコット・ホークといったベテラン勢が控えている。

そのほか日本人で唯一予選通過を果たした谷原秀人は、この日ショットの切れが良くなったが、パットが今ひとつで猛チャージとはいかなかった。それでも3バーディ2ボギーでまとめて、2アンダーの33位タイで3日目を終えた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 USバンク選手権 in ミルウォーキーオープン




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!