2021/06/07全米女子オープン

史上初の日本勢対決 笹生vs.畑岡のプレーオフ1打1打

と18番、2ホールのプレーオフ <9番/384yd、パー4> 畑岡/1打目/ティショットはフェアウェイ左ラフ 笹生/1打目/ティショットはフェアウェイ右サイド 畑岡/2打目/残り134ydをピン手前
2021/09/30日本女子オープン

2010年&13年覇者の宮里美香が結婚後初のトップ5スタート

アンダー4位で初日を終えた。8月にレーシングドライバーの中山友貴さんとの結婚を発表した後、5試合目にして初のトップ5発進となった。 前半4番で、6Iでの2打目をピンそば2mにつけてバーディを先行。7番も
2017/08/24新製品レポート

「打感が心地よく進化した直線番長」ピン G400 ドライバー

フィーリングよく、球を曲げずに飛ばせる 【ミーやん】ピンの最新ドライバーは従来どおり、スタンダードモデル、球のつかまりをよくしたSFテック、低スピン強弾道のLSテックの3種類が用意されていますが
2011/08/23マーク金井の試打インプレッション

ピン G20 ドライバー

、シャットフェースに上げてインからあおって打ってもつかまり過ぎない。スライサーがドローを打つには適さないが、左右の曲がりを抑えたい人や、クラブでチーピンや引っかけを軽減した人には、ミスに対する許容範囲が非常に
2021/08/23AIG女子オープン(全英女子)

古江彩佳は日本勢最高20位「いい経験」

」に続く海外メジャートップ10入りこそならなかったが、日本勢最高の通算5アンダー20位で4日間を戦い抜いた。 15位スタートから1番でセカンドを“ベタピン”に絡めてバーディ発進。その後は優勝争いも
2011/04/13サイエンスフィット

アイアンばかりが引っかかるチーピン爆弾を撤去!

ドライバーにはさほど不安がない上級者の悩みはアイアンショット。時に、自分でも目を疑うほどの強烈なチーピンに見舞われるという。スイング分析の初見では、まったく申し分のないスイングに思われたが、科学の目
2021/08/07WGCフェデックス セントジュード招待

「波が激しい」松山英樹は2連続ボギー発進から挽回も不満

フェアウェイからの2打目をバンカーに入れピンまで約40ydを残す、“らしくない”ミスもあった。 ピンそば1mにつけるアイアンショットでバーディを奪った18番で勢いづくかに思われたが、後半アウトは1バーディ
2021/07/10マラソンクラシック

畑岡奈紗が単独首位キープ 笹生優花は28位浮上

として首位を守った。後続とは2打差。 ボギー発進となった前半アウトで1つ後退した。ピン下2m強につけた14番(パー3)、6mを沈めた15番、1.5mにつけた16番で立て続けにバーディを奪うと、17番
2008/11/18マーク金井の試打インプレッション

ピン ラプチャーV2

ピンの契約選手たちが愛用する「ラプチャー」シリーズ。今回フルチタンボディとして生まれ変わった後継機をマーク金井が徹底検証する。 【試打スペック】 ロフト:9.5度、シャフト:グラフ
2021/10/16富士通レディース 2021

「4回ビビりました」 恐怖心と向き合う古江彩佳の“遊び”

ができた。バーディパットが入ってくれたのがすごく良かった」と顔をほころばせたが、実は恐怖心と向き合いながらのコース攻略だったという。 542ydあるパー5の出だし1番。左奥サイドに切られていたピン