2021/12/03日本シリーズJTカップ

金谷拓実は「67」の巻き返し 逆転賞金王へじわり浮上

ショットの調子も良かった」と巻き返した。 前半4番で、ピン左1mのパーパットがカップ左に蹴られてボギーを先行。怒りをふり払うかのように5番でピン手前数十cmにつけてバウンスバックすると、6番(パー5)も…
2021/12/03米国女子Qシリーズ(1週目)

9月から“13連戦” 余力十分の古江彩佳「行けるだけ行きたい」

スタミナも宿っている。 安定感抜群のショットで次々とチャンスを演出。出だし1番、5番、バウンスバックの7番はいずれもセカンドでピンに絡めたバーディだった。取りこぼしを悔しがるグリーン上はバミューダ芝への
2021/11/30優勝セッティング

平均パット数は全体1位の「25.50」三ヶ島かなの優勝ギア

ピンまで8mほどのフリンジからのバーディパットを沈めて幸先よく滑り出した。「ここから突き放して、あと17ホールやってやるぞ」と覚悟を決めて国内メジャー最終戦で初優勝を飾った。 3打差をつけて迎えた…
2021/11/28ツアー選手権リコーカップ

古江彩佳「悔しいは悔しい」 賞金ランキング2位で終戦

。出だし1番でバーディを奪うも、前半ではトップ三ヶ島かなとの差を縮められずにターンした。 後半13番(パー5)でピンそばにつけてのバーディを奪ったが、14番で1mほどのショートパットを外してボギーを
2021/11/27カシオワールド

堀川未来夢が完全優勝へ首位キープ 金谷拓実2位浮上

マイナスゼロかな」と表情は穏やかだった。不運は最終18番(パー5)、第2打が右サイドのヤシの木の後方、ピンを直接狙えないエリアに落ちてボギーフィニッシュ。それも15番で右サイドへのミスが木に当たって
2021/11/24ヨーロピアンツアー公式

モリカワの勝利に隠された鍵となるスタッツ

言い聞かせたんだ」 「10番と11番をパーとした後、これではダメだと自分自身に言った。何かが変わらなければならないのは分かっていた。そして12番では、素晴らしいバウンドがあって、2打目をピンに絡めてパット…
2021/11/24女子プロレスキュー!

ショートホールでのティアップ ここに注意! 後藤未有

しまうことが挙げられます。ピンポジションに対し、2打目以降も考慮してティアップすること。ミスショットをしても、大きなミスにせずスコアをまとめることを意識しましょう。 1. 基本は対角線に狙う 基本的…
2021/11/23優勝セッティング

“G”でつかんだ2021年初V 腰痛乗り越えた原英莉花の14本

変更して以降、「チーピンが出るようになってしまった」と試行錯誤が続いたシャフトも「ANA」で使った「グラファイトデザイン ツアーAD GP」との組み合わせで落ち着いた。 夏前からは使用するアイアンと