最近のニュース 新着一覧≫


2019/04/10クラブ試打 三者三様

「ドローヒッター向け」ドライバー 筒康博が選ぶベスト3

ています。この場合の「ドローヒッター」は左に曲がる持ち球を持っているというよりは、「フェアウェイ右サイドに向けて打ち出す人、左に曲がるミス(フック)を警戒している人」となります。有名なアーメンコーナー
2019/01/29マーク金井の試打インプレッション

低スピン&飛び要素満載の2代目「PXG 0811X GEN2 ドライバー」

。 試しにインサイド・アウト軌道で意図的にフックを狙って打っても、軽いドロー弾道。ボールがつかまり過ぎず、引っかけ、チーピンが出にくいドライバーである。 前作との違いを感じるのがスピン量だ。前作よりも
2019/04/23topics

クラブは“顔”が命! 2019春の最新アイアンを見比べ隊

。かなり丸みのあるトップラインで、ボールを包み込む雰囲気を強く出しています。典型的な“和顔”のフックフェースモデルという形状です。 トウ側のミスヒットに強い「TC-920 フォージド」 「RS RED」と
2017/10/21シャフトでこんなに変わるんだ!

たまに出る引っかけをなくすためのシャフト

「ドローは打ちたいが、左へのミスが恐い…」という人へ 「ナイスショットとミスショットは紙一重」と言われるが、理想の弾道を手に入れた反面、新たなミスに悩んでしまうゴルファーは多い。今...
2019/03/11新製品レポート

つかまり性能がアップした安定系 ピン G410 SFT ドライバー

ては、スピンが多めに入るからだと思います。僕が打ってもドロー弾道のわりにスピン量は多かったですよ。フック系の球筋になるとスピン量が減りすぎてチーピンになる危険性が高まるので、いつも安定したドローが
2018/11/20topics

クラブは“顔”が命! 2018秋の最新ドライバーを見比べ隊

リーディングエッジとの間の距離)が小さいことで、球をつかまえることを意識できる設計となっています。ただ、フェースのトウ先からヘッドのトウ側にかけてが、強い“逃げ感”を持たせていることで、極端なフック