2019/12/05

木戸愛が首位で最終日へ 安田祐香は3位/女子ファイナルQT

18位、藤本麻子は1オーバーの31位、アン・シネ(韓国)は2オーバーの32位、原江里菜と香妻琴乃は7オーバーの73位で3日目を終えた。 例年通りであれば、競技を終えた上位40人程度までが来季の前半戦(リランキングまで)に出場できる。
2019/12/04

木戸愛が首位キープ 安田祐香は5位/ファイナルQT

位から出たプロテスト合格組の安田祐香は「68」とし、通算6アンダー5位にスコアを伸ばした。 アン・シネ(韓国)は通算1アンダー17位、ツアー3勝の渡邉彩香は通算1オーバーの31位、ツアー通算2勝の原江里菜は通算4オーバー63位、1勝の香妻琴乃は8オーバー87位とした。
2019/11/24大王製紙エリエールレディス

13人が初の賞金シード入り 過去最年少の平均26.3歳

(81位)、大出瑞月(83位)、ささきしょうこ(88位)、香妻琴乃(103位)の16人が賞金シードを喪失した。なお、キムは2020年までの複数年シードを保持している。 森田は今大会で単独3位に入れば
2019/11/22大王製紙エリエールレディス

初優勝から1年 香妻琴乃は故障に泣いてシード喪失

◇国内女子◇大王製紙エリエールレディスオープン 2日目(22日)◇エリエールGC松山(愛媛県)◇6580yd(パー72) 27歳の香妻琴乃が通算7オーバーの87位で予選落ちし、賞金シードを喪失した
2019/09/21デサントレディース

鈴木愛が4打差3位 申ジエ首位堅守

日に臨む。 通算8アンダー6位に木村彩子、野澤真央。渋野日向子は「70」でプレーし、通算5アンダー20位。前年覇者の香妻琴乃は通算3アンダー33位で2日目を終えた。
2019/09/20デサントレディース

ツアー記録11バーディで申ジエ首位 渋野日向子は8位

バーディ、2ボギーの「69」でプレーし、鈴木愛、原英莉花、大西葵らとともに3アンダー8位。前年覇者の香妻琴乃は1アンダー23位で初日を終えた。 <1R(18H)最多バーディ> 11バーディ 具玉姫
2019/09/19デサントレディース

故障に泣いてきた香妻琴乃 8週連続出場で迎える前年V大会

香妻琴乃が火曜日(18日)にイン9ホールの練習ラウンドをこなし、「気持ち的にはそんなに実感はないけれど、取り組んできたことの成果が出せればいい」と謙虚に目標を掲げた。 歯切れの悪さは、ひとえに成績不振に
2019/09/18デサントレディース

渋野日向子が初出場 第50回大会は装いを新たに開催

し、装いを新たに第50回目の記念大会を迎える。会場は例年と同じく、愛知県西南部の知多半島にある新南愛知CC美浜コースで開催。108人が賞金総額8000万円を争う。 ディフェンディングチャンピオンは香妻
2019/07/18サマンサタバサレディース

香妻琴乃&勝みなみ ホステス大会で口をそろえる恩返し

◇国内女子◇サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント 事前(18日)◇イーグルポイントゴルフクラブ(茨城県)◇6601yd(パー72) サマンサタバサと所属契約を結ぶ香妻琴乃
2019/07/17サマンサタバサレディース

豪華イベント盛りだくさん 有村智恵が連覇に挑む

花(8位)が欠場する中、小祝さくら、脇元華、三浦桃香らの若手が初勝利を狙う。 各日の競技終了後には、サマンサタバサと所属契約を結ぶ香妻琴乃、山村彩恵、ウェア契約を結ぶ勝、吉本ひかる、原江里菜、堀奈津佳
2019/06/02全米女子オープン

「全米女子オープン」日本人成績

開催年 日本人成績 2018 畑岡奈紗 10位T葭葉ルミ 40位上原彩子、鈴木愛、蛭田みな美、香妻琴乃、野村敏京、川岸史果、高山佳小里 予落 2017 野村敏京 33位T宮里藍 41位T葭葉ルミ
2019/05/17ほけんの窓口レディース

大山亜由美さん死去で選手が喪章を手作り 香妻琴乃は大粒の涙

倶楽部和白コースは悲痛な空気に包まれた。 同じ鹿児島県出身でジュニア時代から親交があった香妻琴乃は「突然だったので実感もなくて信じられない。まさか病気になっているなんて思っていなかったです」とショックを
2019/05/10ダイヤモンドカップ

ドローからフェードに 香妻陣一朗の決断

フェードボールは攻略にうってつけともいえる。 姉の女子プロ、香妻琴乃の活躍に負けじと「今年は優勝したい。目標はずっとそこ」と言い切る。週末に入る前のトップとの差は3ストロークだ。(千葉県印西市/桂川洋一)
2019/05/09ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ

25歳ペ・ソンウが首位発進 1打差に三ヶ島かな、申ジエら

の6人が並んだ。 香妻琴乃、青木瀬令奈、常文恵の3人が2アンダーの8位で追う。三浦桃香、脇元、アマチュアの吉田優利(日本ウェルネススポーツ大1年)ら11人が1アンダーの11位で続いた。 前週優勝の勝