2018/05/23リゾートトラストレディス

舞台は4年ぶりのコース 前週欠場の鈴木愛が出場へ

のほか、上田桃子、アン・シネ(韓国)、ともに「全米女子オープン」初挑戦の香妻琴乃と蛭田みな美らが出場する。 初日は鈴木愛が永井花奈、岡山絵里と同組。小祝さくらがアン・シネ、三浦桃香とスタートを切る。
2018/05/18全米女子オープン

葭葉ルミ 全米女子オープンに繰り上げ出場

ようなことがある。何があっても動揺しないようにしたい」と話した。 すでに出場を決めていた鈴木愛、畑岡奈紗、野村敏京、上原彩子の4人に加えて、最終予選会で切符をつかんだのが川岸史果、蛭田みな美、高山佳小里、香妻琴乃の4人。葭葉を入れて、日本勢のエントリーは9人となる。(愛知県豊田市/玉木充)
2018/05/08全米女子オープン

川岸史果、香妻琴乃ら4人が「全米女子」出場権を獲得

~アラバマ州ショールクリークCC)の出場権をかけた最終予選会が36ホールのストロークプレーで行われ、上位4人の川岸史果、蛭田みな美、高山佳小里、香妻琴乃が本選出場を決めた。 競技にはプロ33人
2018/04/28九州みらい建設グループレディース

蛭田みな美が初優勝 3打差で逃げ切る/ステップ最終日

は68位と低迷。再びレギュラーツアーへの定着を目指す。 通算5アンダーの2位に笹原優美。通算4アンダーの3位に山本景子。通算2アンダーの4位に香妻琴乃と坂下莉翔子が続いた。
2018/04/27九州みらい建設グループレディース

蛭田みな美が単独首位 香妻琴乃2位/ステップ2日目

」で回り、通算6アンダーの単独首位に立った。2016年プロテスト合格の蛭田はプロ初優勝がかかる。 イーブンパーの18位から出た香妻琴乃が5バーディ、1ボギーでこの日ベスト「68」をマーク。坂下莉翔子と
2018/04/26九州みらい建設グループレディース

蛭田みな美ら3人が首位発進/ステップ初日

香妻琴乃、森美穂、前週の「パナソニックオープンレディース」でプロ初優勝を飾った高木萌衣は、イーブンパーの18位とした。
2018/04/06Hanasaka Ladies Yanmar Golf Tournament

上原美希が下部ツアー3勝目

・エスド(韓国)、山内日菜子ら4人が入った。 首位で出た坂下莉翔子は「81」と崩れ、通算6オーバーの22位に終わった。香妻琴乃は通算7オーバーの28位だった。
2018/04/04Hanasaka Ladies Yanmar Golf Tournament

「ドライバーに自信」坂下莉翔子が初の首位発進/ステップアップツアー

狙い所が狭くて難しいけど、ちゃんと狙ったところに打てたので、良い位置からセカンドショットが打てました」と振り返った。 1打差2位に立浦葉由乃、竹山佳林、青山加織の3人が並び、香妻琴乃がイーブンパーの5位で初日を終えた。賞金総額3000万円(優勝賞金540万円)をかけて、3日間競技として行われる。
2018/01/23topics

ロッカールームでヘトヘトに…【A型ゴルファーあるある】

代表的選手】宮里優作、イ・ボミ… 最後にA型のプロゴルファーをご紹介。男子ツアーは宮里優作、藤田寛之、深堀圭一郎。女子ツアーはイ・ボミ、キム・ハヌル、上田桃子、申ジエ、香妻琴乃、不動裕理といった顔ぶれ
2017/12/17

香妻琴乃 クリスマスに欲しいモノは?

サマンサタバサとウェア契約する青木瀬令奈、香妻琴乃、堀奈津佳、山村彩恵が16日(土)、東京都新宿の小田急ハルクでレッスン会などを行った。 屋上にある練習場で抽選に当たった8人のファンを4人で指導
2017/11/24カシオワールド

香妻陣一朗が2位浮上 姉・琴乃の予選会敗退への心境

参加できれば、来季に向けても大きな4日間になる。 人気女子プロの姉・香妻琴乃は今年、シード復帰を逃し、23日(木)には来年度の出場権をかけた3次予選会で敗退。来季のレギュラーツアーは各大会への推薦出場…
2017/11/16モテゴル研究部

第48話 日本一あごの高いバンカーに挑戦

トーナメント「ゴルフ5レディス」の最終日には、香妻琴乃選手が「8」、川満陽香理選手が「7」というスコアを記録したことでも注目を浴びた。 そんな一流プロをも苦しめる地獄のバンカーに、アマチュア中のアマチュア、モテゴルメンバーが挑む。
2017/11/13伊藤園レディス

やっぱり天然?母が語る福田真未

たという。「お父さん子でした」と、父・喜三郎さんが好きだったゴルフに取り組み始めたのは11歳のときだった。 福岡市の出身で、中高一貫の沖学園に進学した。同学年には、成田美寿々や香妻琴乃、葭葉ルミ、堀
2017/10/27樋口久子 三菱電機レディス

首位にペ・ヒギョン 畑岡奈紗、アン・シネが2差3位発進

3)をダブルボギーとしたが、後半インで4バーディを決めた。 賞金ランキング2位の鈴木愛は2アンダーで首位に4打差の10位タイ。前年大会を制した申ジエ(韓国)は香妻琴乃、服部真夕、菊地絵理香らと同じ1アンダー13位タイとなった。 イ・ボミ(韓国)はイーブンパーの29位タイで2日目を迎える。