2019/11/05HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP

宮里優作が帰国参戦 賞金レースは残り5戦

14アンダーで優勝した。 前週の米ツアー「WGC HSBCチャンピオンズ」(中国・上海)に出場していた浅地洋佑、堀川未来夢、石川遼が参戦。欧州ツアーを主戦場とする2017年の国内ツアー賞金王・宮里優作
2019/10/25ポルトガルマスターズ

宮里優作と谷原秀人は38位発進 イェーガーが9アンダー首位

、8アンダーとして首位で発進した。 オリバー・フィッシャー(イングランド)、ジャスティン・ウォルターズ(南アフリカ)、ジェイク・マクリード(オーストラリア)の3人が2打差の6アンダー2位で追う。 宮里
2019/10/23ポルトガルマスターズ

シード争いは最終局面 谷原秀人と宮里優作が出場

アンダー、一昨年はルーカス・ビェルレガード(デンマーク)が20アンダーで優勝。ロースコアでの争いが展開されてきたが、ことしはコース改修が施された。 110位以上が来季出場権獲得となるポイントレースで谷原秀人は現在154位、宮里優作は170位。今大会でシード落ちが決まる可能性がある。
2019/10/21フランスオープン

36歳コルサーツが7年ぶりV 宮里優作は54位

アンダーの2位、ジョージ・クッツェー(南アフリカ)が通算10アンダーの3位に入った。 宮里優作は3番(パー3)で7打をたたいたが、そのほかは8バーディ、4ボギーで「71」とし、通算4オーバーの54位で終えた。
2019/10/19フランスオープン

コルサーツが首位タイ浮上 宮里優作は予選通過

アンダーとしてジョージ・クッツェー(南アフリカ)をとらえ、首位に並んだ。 カート・キタヤマ(米国)が1打差の通算8アンダー3位、リッチー・ラムゼイ(スコットランド)が通算7アンダーの4位で続いた。 宮里優作
2019/10/18フランスオープン

宮里優作と谷原秀人は出遅れ フォックスら首位

」でプレーし、6アンダーの首位に並んで発進した。 地元フランスのベンジャミン・エベール、カート・キタヤマ(米国)、リッチー・ラムゼイ(スコットランド)の3人が1打差の5アンダー3位で追う。 宮里優作
2019/10/16フランスオープン

欧州大陸最古のナショナルオープン 谷原秀人&宮里優作が出場

ツアー10勝目となった。 フィールドには2010年「全米プロ」、14年「全米オープン」を制した海外メジャー覇者のマルティン・カイマー(ドイツ)、今季ツアー2勝のカート・キタヤマ、エドアルド・モリナリ(イタリア)らが集結する。 日本からは谷原秀人が3年連続で出場するほか、宮里優作がエントリーした。
2019/10/12石川遼 everyone PROJECT Challenge Golf Tournament

アマ杉原大河「まさか」の大逆転V 石川遼から祝福も

宮里優作らを輩出した東北福祉大に通う徳島県出身の19歳。「大学で多くのチームメイトに出会えたことで自分も成長ができたと思っているので、本当に感謝です」。ゴルフ部では世界アマチュアランキングで頂点に立つ
2019/10/12イタリアオープン

フィッツパトリック首位 宮里優作と谷原秀人は予選落ち

・パバンが最上位で決勝へ。世界ランキング11位のフランチェスコ・モリナリは「76」と崩れ、通算5オーバーの107位で予選落ちした。 日本勢の宮里優作と谷原秀人は、ともに決勝ラウンドに進めなかった。宮里は通算3オーバーの94位、谷原は通算8オーバーの121位に終わった。
2019/10/11イタリアオープン

プルッカネン首位発進 宮里優作と谷原秀人は出遅れ

(オーストリア)、シュバンカー・シャルマ(インド)、カート・キタヤマ(米国)の5人が続いた。 日本勢は、宮里優作が「73」として2オーバーの94位。谷原秀人は「76」として5オーバーの122位で終えた。
2019/10/06スペインオープン

ジョン・ラームが連覇へ5打差独走 川村昌弘8位に浮上

・カブレラベローとサミュエル・デル・ヴァルの地元スペイン勢が続いた。 川村昌弘は5バーディ、2ボギーの「68」でプレーし、通算8アンダーとして8位に浮上した。宮里優作は通算4アンダーの32位で3日目を終えた。
2019/10/05スペインオープン

川村昌弘14位 宮里優作37位で決勝へ スペイン勢が上位独占

スペイン勢が続いた。 川村昌弘は5バーディ、1ボギーの「67」と伸ばし、通算5アンダーの14位で決勝ラウンドに進んだ。宮里優作は2バーディ、1ボギーの「70」とし、通算2アンダーの37位で予選を通過した。
2019/10/04スペインオープン

前年覇者ラームが3位発進 宮里&川村は42位

)、アンドレ・パバン(イタリア)ら6人が5アンダー3位で続いた。 宮里優作と川村昌弘はともに「70」でプレーし、1アンダーの42位で初日を終えた。