2016/11/02富士フイルムシニアチャンピオンシップ

今季2戦目の74歳・青木功 目指すは「アンダーで」エージシュート

、昨季賞金王の室田との最終組対決を制してシーズン1勝目を挙げた。その渡辺は、今季5度のトップ10入りも未勝利でシーズン終盤戦を迎えている。 大詰めを迎えつつある賞金王争いは、今季2つの日本タイトルを含む
2015/07/26ダンロップ・スリクソン福島オープン

“赤シャツ”の室田淳 還暦祝う握手攻めに「嬉しかった」

国内男子ツアー「ダンロップ・スリクソン福島オープン」最終日(7月26日)に還暦の誕生日を迎えた室田は、「一応、着てきました」という“赤いちゃんちゃんこ”に見立てた赤シャツで登場。4バーディ、2
2016/09/09コマツオープン2016

羽川豊がホールインワンで首位マークセンを急追

伸ばした羽川豊が浮上した。さらに1打差の3位に高見和宏、高松厚が並ぶ。 賞金ランクトップの崎山武志も5バーディの「67」で通算7アンダーとし7位に浮上。同ランク2位の室田は、井戸木鴻樹らとともに通算5アンダー13位で最終日を迎える。
2016/09/06コマツオープン2016

シーズン後半戦に突入 賞金バトルは早くも一騎討ちに?

追う室田は前週の「アルファクラブCUP シニアオープン」で今季2勝目をマークして賞金差約180万円と迫り、後続を1000万円以上引き離す展開だ。 尾崎直道、尾崎健夫、倉本昌弘、芹澤信雄らシニアツアーを盛り上げる面々もそろい、プロの技と北陸のおもてなしが大会に彩を添える。
2016/09/16日本シニアオープンゴルフ選手権競技

シニア1年目のマークセンが単独首位に浮上

落として首位から後退したピーター・ファウラー(オーストラリア)のほか、小溝高夫、秋葉真一、室田の5人が続く。 通算3アンダーの7位に、こちらもルーキーの鈴木亨が「69」と伸ばして16位から浮上。前年
2016/08/16全米シニアオープン選手権

サワーズが逆転で全米シニア制す ヒメネス2位 崎山武志は18位

に臨んだミゲル・アンヘル・ヒメネス(スペイン)とビリー・メイフェアが通算2アンダーで、2位に入った。さらに1打差でイアン・ウーズナム(ウェールズ)が4位となった。 崎山武志は「68」と伸ばし、通算5オーバーでビジェイ・シン(フィジー)らと並ぶ18位。室田は通算16オーバーの56位に終わった。
2016/09/08コマツオープン2016

荒天下で7バーディのマークセンが単独首位 賞金トップの崎山は5打差

4ボギーで回った高見和宏がつけた。3位は4アンダーで、清水洋一、米山剛、キム・ジョンドク(韓国)、フランキー・ミノザ(フィリピン)の4人が並んだ。 賞金ランクトップの崎山武志は2アンダーで中嶋常幸らと並んで11位、同ランク2位の室田は1アンダーの16位で初日のプレーを終えた。
2016/08/13全米シニアオープン選手権

崎山武志は23位に後退 シンデラーが首位浮上

」と崩れ通算1オーバー8位に後退した。 7位から出た崎山武志は「74」と振るわず通算3オーバー23位となった。室田は通算7オーバーとし、カットライン上で予選通過を決めた。 井戸木鴻樹は通算10オーバーで予選落ちに終わった。
2015/07/25ダンロップ・スリクソン福島オープン

スーパーシニア室田淳 50代最後の日

大会最終日の26日(日)に還暦の誕生日を迎える59歳が、優勝争いへの望みをつないだ。国内男子ツアー「ダンロップ・スリクソン福島オープン」3日目。8位から出た室田が4バーディ、ノーボギー「68」に
2016/09/03アルファクラブCUP シニアオープン

マークセン、3つの新記録を樹立して首位浮上

プラヤド・マークセン(タイ)が、スティーブン・コンラン(オーストラリア)、室田、秋葉真一、米山剛と並び首位に立った。 10番スタートのマークセンは、10番、12番、13番、17番、18番と、折り返し
2015/11/21ISPS・HANDA CUP・フィランスロピーシニアトーナメント

室田淳が賞金王に前進 首位は秋葉真一と増田都彦

アンダーの3位に首位から出た小溝高夫。通算6アンダーの4位には室田が続き、2013年以来2年ぶりとなる賞金王の座に大きく前進した。 室田と約83万円差で賞金ランク2位の崎山武志は、この日「70」と
2016/08/12全米シニアオープン選手権

リオ五輪辞退のビジェイ・シンが首位 崎山武志は3差7位

・デイ、ジェフ・ギャラハーの5選手。 国内シニアで今季2勝の崎山武志は2バーディ1ボギー「69」で3打差の1アンダー7位の好位置発進。 昨季の国内シニア賞金王の室田は3バーディ、2ボギー2
2016/09/02アルファクラブCUP シニアオープン

米山剛が首位 前年覇者の崎山武志は3打差3位

の2位に呂文徳(台湾)、真板潔、鈴木亨、倉本昌弘の4人。4アンダー6位に、前年覇者の崎山武志ほか、秋葉真一、室田、飯合肇、友利勝良、白浜育男、田村尚之の7人が並ぶ混戦。
2016/11/26いわさき白露シニアゴルフトーナメント

倉本昌弘が最終戦で今季初Vなるか

には羽川豊、真板潔、室田、冨永浩、鈴木亨が続く。 倉本は「前半は、なかなかバーディが取れず難しい1日になった。朝から『最終日は雨で中止になるかもしれない』との話だったので、2日目に1位にならないと
2016/07/30マルハンカップ 太平洋クラブシニア

シニア入りから2カ月 鈴木亨が単独首位発進

覇者の崎山武志。湯原信光、真板潔、清水洋一、プラヤド・マークセン(タイ)の4人が4アンダーの4位タイにつけた。 室田は3アンダーの8位タイ、芹澤信雄は2アンダー12位タイ。日本プロゴルフ協会会長の倉本昌弘は1オーバー40位タイと出遅れた。
2015/11/18ISPS・HANDA CUP・フィランスロピーシニアトーナメント

シニア賞金王争いで室田淳と崎山武志が最後の直接対決

シニアチャンピオンシップ」で2位に入った室田は、崎山武志を逆転して賞金ランクトップに立った。崎山は12月1日から米シニアツアーの予選会に挑戦するため、今季のツアー参戦は今大会が最後となる。したがって