2016/11/17ISPS・HANDA CUP・フィランスロピーシニアトーナメント

国内シニアツアー残り2戦 賞金シード争いは佳境へ

プロ転向した田村尚之がツアー参戦3年目でプロ初タイトルを獲得し、勢いに乗る。賞金王戴冠こそ逃したものの、好調を維持する崎山武志、室田らの実力者も参戦。初日は「全米シニアプロ」覇者の井戸木鴻樹、飯合肇、デビッド・イシイ、室田の豪華ペアリングも見逃せない。
2016/11/24いわさき白露シニアゴルフトーナメント

薩摩富士のふもとで争う最終戦 本命不在でカップを掲げるのは?

、昨季賞金王の室田、賞金ランク2位の崎山武志、尾崎直道らがそろう。 シーズン17試合目、最後の舞台は薩摩半島最南端、薩摩富士の異名を取る開聞岳のふもとの丘陵コース。グリーン周りをバンカーが覆う難関ホールの多い中で、シニア選手たちが百戦錬磨の技術を見せ合う。
2015/11/05富士フイルムシニアチャンピオンシップ

ランク2位から「邪魔をする」 賞金王奪還へ室田淳が好発進

国内シニアツアー「富士フイルムシニアチャンピオンシップ」(千葉県、ザ・カントリークラブ・ジャパン)の初日、賞金ランキング2位につける室田が5アンダーでラウンドし、単独首位で発進した。 「賞金王は
2015/06/14スターツシニアゴルフトーナメント

室田淳が逃げ切りで今季初優勝 尾崎直と田村が2位

◇国内シニア◇スターツシニアゴルフトーナメント 最終日◇スターツ笠間ゴルフ倶楽部(茨城県)◇6950yd(パー72) 2日目に首位に立った室田が5バーディ、1ボギーの「68」で回り、通算19
2016/12/10日立3ツアーズ選手権

大一番でイ・ボミ&笠りつ子!3ツアー対抗戦の組み合わせ

賞金王のプラヤド・マークセン(タイ)のタッグと対戦する。 2人が交互に1つのボールを打つフォアサム方式の第2ステージでは、最終組でイと笠りつ子が組んで、男子の片山&小平、シニアの室田と崎山武志のコンビとタイトルをかけた大一番に臨む。昨年はLPGAが2連覇を決めて、菊地絵理香がMVPを受賞している。
2016/11/08福岡シニアオープン

福岡で新規大会 前週初優勝の田村尚之らが参戦

て賞金王戴冠を決めた。マークセン、ランキング3位の室田はレギュラーツアーの「三井住友VISA太平洋マスターズ」に出場。ランキング2位につける崎山武志、前週ツアー初優勝を飾った同4位の田村尚之らが戦況
2016/08/24広島シニアゴルフトーナメント

ブラジル帰りで前戦棄権の倉本昌弘が連覇をかけて登場

「ファンケルクラシック」最終日に体調不良のため棄権。あすの今大会初日は、湯原信光と地元の高校生・坂本柊斗(瀬戸内高)とのペアリングに入ったが、体調回復が連覇のカギとなりそうだ。 ほかに、前週優勝の室田やリオ五輪でテレビ解説を務めた羽川豊らも、金曜日に最終日を迎える2日間の短期決戦に顔をそろえた。
2016/11/02富士フイルムシニアチャンピオンシップ

今季2戦目の74歳・青木功 目指すは「アンダーで」エージシュート

、昨季賞金王の室田との最終組対決を制してシーズン1勝目を挙げた。その渡辺は、今季5度のトップ10入りも未勝利でシーズン終盤戦を迎えている。 大詰めを迎えつつある賞金王争いは、今季2つの日本タイトルを含む
2016/09/09コマツオープン2016

羽川豊がホールインワンで首位マークセンを急追

伸ばした羽川豊が浮上した。さらに1打差の3位に高見和宏、高松厚が並ぶ。 賞金ランクトップの崎山武志も5バーディの「67」で通算7アンダーとし7位に浮上。同ランク2位の室田は、井戸木鴻樹らとともに通算5アンダー13位で最終日を迎える。
2016/09/06コマツオープン2016

シーズン後半戦に突入 賞金バトルは早くも一騎討ちに?

追う室田は前週の「アルファクラブCUP シニアオープン」で今季2勝目をマークして賞金差約180万円と迫り、後続を1000万円以上引き離す展開だ。 尾崎直道、尾崎健夫、倉本昌弘、芹澤信雄らシニアツアーを盛り上げる面々もそろい、プロの技と北陸のおもてなしが大会に彩を添える。
2015/07/26ダンロップ・スリクソン福島オープン

“赤シャツ”の室田淳 還暦祝う握手攻めに「嬉しかった」

国内男子ツアー「ダンロップ・スリクソン福島オープン」最終日(7月26日)に還暦の誕生日を迎えた室田は、「一応、着てきました」という“赤いちゃんちゃんこ”に見立てた赤シャツで登場。4バーディ、2
2016/09/16日本シニアオープンゴルフ選手権競技

シニア1年目のマークセンが単独首位に浮上

落として首位から後退したピーター・ファウラー(オーストラリア)のほか、小溝高夫、秋葉真一、室田の5人が続く。 通算3アンダーの7位に、こちらもルーキーの鈴木亨が「69」と伸ばして16位から浮上。前年
2016/08/16全米シニアオープン選手権

サワーズが逆転で全米シニア制す ヒメネス2位 崎山武志は18位

に臨んだミゲル・アンヘル・ヒメネス(スペイン)とビリー・メイフェアが通算2アンダーで、2位に入った。さらに1打差でイアン・ウーズナム(ウェールズ)が4位となった。 崎山武志は「68」と伸ばし、通算5オーバーでビジェイ・シン(フィジー)らと並ぶ18位。室田は通算16オーバーの56位に終わった。
2016/09/08コマツオープン2016

荒天下で7バーディのマークセンが単独首位 賞金トップの崎山は5打差

4ボギーで回った高見和宏がつけた。3位は4アンダーで、清水洋一、米山剛、キム・ジョンドク(韓国)、フランキー・ミノザ(フィリピン)の4人が並んだ。 賞金ランクトップの崎山武志は2アンダーで中嶋常幸らと並んで11位、同ランク2位の室田は1アンダーの16位で初日のプレーを終えた。