2017/06/01すまいーだカップ シニアゴルフトーナメント

マークセン首位発進 1打差で尾崎直道ら

、盧建順(台湾)、金鍾徳が続いた。 日本プロゴルフ協会会長の倉本昌弘、鈴木亨、真板潔ら8人が4アンダーの8位で追う。
2017/06/01すまいーだカップ シニアゴルフトーナメント

マークセン首位発進 1打差で尾崎直道ら

、盧建順(台湾)、金鍾徳が続いた。 日本プロゴルフ協会会長の倉本昌弘、鈴木亨、真板潔ら8人が4アンダーの8位で追う。
2017/05/11日本プロ日清カップ

北朝鮮ミサイル発射なら競技中断 日本プロ日清カップ

◇国内メジャー初戦◇日本プロ日清カップ 初日(11日)◇かねひで喜瀬カントリークラブ(沖縄県)◇7217yd(パー72) 日本プロゴルフ協会の倉本昌弘会長は10日、大会期間中に北朝鮮が弾道ミサイルを
2017/04/20ノジマチャンピオンカップ 箱根シニアプロゴルフトーナメント

冨永浩が首位発進 川岸良兼は13位

ブレーク中の川岸史果の父でレギュラーツアー通算6勝の川岸良兼は1イーグル2バーディ、1ダブルボギーの「70」で、2アンダーの13位で初日を終えた。日本プロゴルフ協会会長の倉本昌弘は2オーバーの43位とした。
2017/04/19ノジマチャンピオンカップ 箱根シニアプロゴルフトーナメント

国内シニアが開幕!倉本、直道らに加え、話題の女子プロ父も…

続くツアー2勝目をマークした。 ディフェンディングチャンピオンとして臨む秋葉のほか、今年も日本プロゴルフ協会(PGA)会長を務める倉本昌弘、昨シーズン日本人トップの賞金ランク2位で終えた崎山武志、同
2017/03/06日本プロ日清カップ

2020年日本プロは日光カンツリー倶楽部で開催

日本プロゴルフ協会(PGA)は6日、沖縄県那覇市で記者会見を行い、2020年の「第88回日本プロゴルフ選手権大会」の開催コースが栃木県日光市の日光カンツリー倶楽部に決まったと発表した。 倉本昌弘
2016/12/11日立3ツアーズ選手権

「代打、オレ!」戦う会長・倉本昌弘が急きょ出場

がいた。 11日に開催された国内男子(JGTO)、国内女子(LPGA)、国内シニア(PGA)のツアー対抗戦「日立3ツアーズ選手権」で、PGA会長の倉本昌弘が急きょ出場した。本来ならば、青木功JGTO
2016/11/27いわさき白露シニアゴルフトーナメント

倉本昌弘が最終戦で「うっぷんを晴らす」今季初V

◇国内シニア◇いわさき白露シニアゴルフトーナメント 最終日(27日)◇いぶすきゴルフクラブ開聞コース(鹿児島)◇6923yd(パー72) 9アンダーの単独トップでスタートした倉本昌弘が、6バーディ
2016/11/26いわさき白露シニアゴルフトーナメント

倉本昌弘が最終戦で今季初Vなるか

シニアツアー賞金王の倉本昌弘。2日目も4バーディ、2ボギーの「70」とスコアを伸ばし、通算9アンダーで単独トップを守った。2打差の2位には「69」でプレーし、通算7アンダーの川瀬順次。通算6アンダー、3位
2016/11/25いわさき白露シニアゴルフトーナメント

「65」の倉本昌弘が単独トップスタート

◇国内シニア◇いわさき白露シニアゴルフトーナメント 初日(25日)◇いぶすきゴルフクラブ開聞コース(鹿児島)◇6923yd(パー72) 2連続を含む7バーディ、ノーボギーの「65」でプレーした倉本
2016/11/24いわさき白露シニアゴルフトーナメント

薩摩富士のふもとで争う最終戦 本命不在でカップを掲げるのは?

した前年大会では、初日に青木功が「73」のエージシュートを決めた。 参戦1年目で圧倒的な強さを見せつけて、賞金王に輝いたプラヤド・マークセン(タイ)は出場せず、本命不在。2年ぶりの制覇を狙う倉本昌弘
2016/11/10三井住友VISA太平洋マスターズ

松山英樹が単独首位発進 イーグル奪取で7アンダー

。11年大会では倉本昌弘、石川遼に次ぐツアー史上3人目のアマチュア制覇を果たした。 6アンダーの2位に6バーディ、ノーボギーの「66」でプレーした宮本勝昌。5アンダーの3位にアダム・ブランド
2016/11/02富士フイルムシニアチャンピオンシップ

今季2戦目の74歳・青木功 目指すは「アンダーで」エージシュート

エージシュートを達成。「優勝争いできないとおもしろくない。オーバーパーではなく、アンダーでエージシュートを決めたい」とプライドをのぞかせ、達成への意欲を露わにした。 なお開催期間中は、中嶋常幸、倉本昌弘、芹澤信雄らによるトー…
2016/10/26

米PGAツアーが東京支社を設立 その狙いとは?

バイスプレジデントに加え、日本ゴルフツアー機構(JGTO)の青木功会長、日本プロゴルフ協会(PGA)の倉本昌弘会長、日本ゴルフ協会(JGA)の山中博史専務理事、さらに国際ゴルフ連盟(IGF)のピーター