2017/09/30YUKO GROUP PRESENTS セヴンヒルズカップ KBCシニアオープン

清水洋一が首位発進 井戸木鴻樹が4差2位

の4位に続いた。 国内女子ツアーで活躍中の川岸史果の父・川岸良兼は1オーバーの30位、倉本昌弘は5オーバーの58位で初日を終えた。
2017/09/29YUKO GROUP PRESENTS セヴンヒルズカップ KBCシニアオープン

賞金独走のマークセン不在 室田淳が2週連続V狙う

不在となる中、同2位の米山剛はその差(約2069万円)を少しでも縮めておきたいところだ。前週の「アルファクラブCUP シニアオープン」で大会連覇を果たした同3位の室田淳は2週連続優勝を狙う。 国内女子ツアーで活躍中の川岸史果の父・川岸良兼ほか、倉本
2017/09/18日本シニアオープンゴルフ選手権競技

マークセン連覇 ライバル白旗「もう来てほしくない(笑)」

通過したらアメリカでプレーしたいと思っています」と掲げた。 井戸木鴻樹、鈴木亨の2選手が通算14アンダーの2位。倉本昌弘は20位。前日、国内女子ツアー「マンシングウェアレディース東海クラシック」で初
2017/09/15マンシングウェアレディース

「おじさんは楽しそう」諸見里しのぶはシニア生観戦で刺激

かっこよくなりたい。すごく勇気をもらった」。ギャラリーとして日本人最上位(7位)で終えた日本プロゴルフ協会(PGA)会長の倉本昌弘の組について回り、「アプローチなど勉強になった」と振り返った。 ツアー通算9
2017/09/15日本シニアオープンゴルフ選手権競技

2日で18アンダー!マークセン8打差首位 記録ずくめの連覇へ盤石

ホールの大会最多アンダーパー記録(※)をすでに2打上回り、記録ずくめの連覇を大きく手繰り寄せた。 通算10アンダーの2位に尾崎直道。井戸木鴻樹、鈴木亨が通算9アンダーの3位で並んだ。倉本昌弘は3アンダーの
2017/09/14日本シニアオープンゴルフ選手権競技

昨年覇者のマークセンが首位発進 2打差に尾崎直道と井戸木鴻樹

、ノーボギーの「63」をマークして9アンダーとし、後続に2打差の首位で発進した。 尾崎直道と井戸木鴻樹が7アンダーの2位で追う。崎山武志と金鍾徳(韓国)が5アンダーの4位で続いた。 4アンダーの6位に中嶋常幸ら7人が並んだ。倉本昌弘<…
2017/09/12日本シニアオープンゴルフ選手権競技

”鉄人”マークセン シニアメジャー3連勝なるか

に輝いた。今季もすでに2勝で賞金ランクトップを快走する。 待ったをかけたい日本勢は、マークセンと同じく今季2勝で同ランク2位の米山剛、同ツアーで初優勝が期待される川岸良兼が出場。前週日本で初開催された米国シニアツアー「JAL選手権」で日本人最高の7位に入った<…
2017/09/10JAL選手権

C.モンゴメリーが今季初優勝 倉本昌弘7位

ベストスコア「66」をマークしたビリー・メイフェアと、2週連続優勝がかかっていたスコット・マッキャロン。通算12アンダーの4位にグレン・デイが続いた。 20位からスタートした倉本昌弘は1イーグル4バーディ
2017/09/09JAL選手権

62歳の誕生日 倉本昌弘は「72」で絶口調

◇米国シニア◇JAL選手権 2日目(9日)◇成田ゴルフ倶楽部(千葉県)◇7151yd(パー72) 日本プロゴルフ協会(PGA)会長の倉本昌弘は3バーディ、3ボギーの「72」。通算5アンダーの20位で
2017/09/09JAL選手権

マッキャロンが首位浮上 倉本昌弘は20位に後退

位から出た倉本昌弘は3バーディ、3ボギーの「72」と伸ばせず、通算5アンダーの20位に後退した。 ジョン・デーリーは通算2アンダーの38位、トム・ワトソンは通算1アンダーの46位に順位を下げた。 ほか
2017/09/08JAL選手権

倉本昌弘が4位発進 トム・ワトソンは26位

・サザーランドが「65」とし、7アンダーの首位に並んで滑り出した。1打差の3位に前週優勝のスコット・マッキャロンが続いた。 6人が出場する日本勢は、かつて米国シニアツアーを主戦場にしていた倉本昌弘が7
2017/08/30コマツオープン2017

好調の米山剛は3週連続Vなるか 川岸良兼、中嶋常幸らが出場

の川岸良兼はツアー初優勝を狙うほか、中嶋常幸、倉本昌弘、尾崎直道らベテラン勢も今季初タイトルを狙いにいく。 今大会優勝者には、日本初開催となる米国シニアツアー(PGAチャンピオンズツアー)の新規大会
2017/08/25広島シニアゴルフトーナメント

米山剛が2週連続優勝 川岸良兼9位、倉本昌弘は41位

。通算10アンダー3位に井戸木鴻樹が続いた。 広島県出身の倉本昌弘は通算1オーバー41位だった。賞金ランク4位の真板潔は9ホール終了後、左手首痛のため棄権した。
2017/08/23広島シニアゴルフトーナメント

地元・倉本昌弘が今季初優勝に挑む 前週Vの米山剛らが出場

いる。賞金ランクトップのプラヤド・マークセン(タイ)は今週不在。2位の米山との差は約730万円で、日本勢はその差を少しでも縮めたい。 大会初代覇者で、広島県出身の倉本昌弘が出場。地元の声援を背に今季初優勝を狙う。