2014/06/26ヨーロピアンツアー公式

再び最高の状態に近づいたステンソン

現れ、冗談混じりに夫人が気詰まりな質問をするようだったら退席させると言ったのである。 2006年にこの大会でプレーオフの末にレティーフ・グーセンとパドレイグハリントンを退けて優勝したステンソンは、出場
2014/06/24ヨーロピアンツアー公式

ケルンでの戴冠を目指すカイマー

2006年の優勝も含まれており、同年の大会でステンソンはレティーフ・グーセンとパドレイグハリントンとの3人で行われたハイレベルなプレーオフの1ホール目でイーグルを奪って勝利を手にしている。 ステンソン
2014/06/21ヨーロピアンツアー公式

イロネンが首位を堅持

たことないよ。でも最高だったね」とニクソン。 2日目を「67」でラウンドしたメジャー3勝のパドレイグハリントンは更にその1打後方につけており、イングランドのティーンエイジャー、マシュー
2014/06/20ヨーロピアンツアー公式

終盤の猛チャージでイロネンが首位に

ヨーロピアンツアー初優勝を目指しており、初日は6バーディ、1ボギーのラウンドとなった。 メジャー3勝のパドレイグハリントンは初日を2アンダーの「69」でラウンドし、前回王者のポール・ケーシーもこれに並んだ
2014/06/18ヨーロピアンツアー公式

「アイルランドオープン」に集うスター選手たち

万ユーロの大会の開催地となったコーク州の素晴らしい景観を臨むフォタアイランドリゾートでの地元優勝を目指すアイルランド勢を引っ張るのは、ダレン・クラーク、パドレイグハリントン、グレーム・マクドウェル
2014/05/18HP バイロン・ネルソン選手権

石川遼はMDFで姿消す ウーストハイゼンが首位浮上

迎える。 通算9アンダーの3位に、ジェームズ・ハーン、ゲーリー・ウッドランド、マイク・ウィア(カナダ)の3選手。さらに1打差の6位に、モーガン・ホフマン、パドレイグハリントン(アイルランド)、マーク
2014/04/04シェル ヒューストンオープン

石川遼「これ以上ない」 9試合ぶりのノーボギーで38位発進

60点。それでも、それくらい出来ればゴルフにならないことはない」。同組のニコラス・コルサーツ(ベルギー)に飛距離で圧倒されても、パドレイグハリントン(アイルランド)の切れ味鋭いショットを目の当たりに
2014/04/02PGAコラム

マスターズ出場へ、優勝が必須条件の5選手

いよいよ来週に迫ったマスターズに出場するための最後の道は、「シェル ヒューストンオープン」で優勝することだ。ここで紹介する5選手は、オーガスタへの切符を賭けてヒューストンで凌ぎを削る。 パドレイグ
2014/04/02シェル ヒューストンオープン

石川遼“一発逆転組”の注目に「気合い入る!」

5人の一人に挙げられ、予選ラウンドのペアリングはパトレイグ・ハリントン(アイルランド)とニコラス・コルサーツ(ベルギー)と共に“一発逆転組”として、フィル・ミケルソン、ウェブ・シンプソン、キーガン
2014/03/17PGAコラム

カルカベッキア、体調不良で前半終了後に棄権

たのだ。 カルカベッキアと一緒にプレーしたパドレイグハリントンは「彼の調子が悪かったのは明らかだった」と振り返る。「医者に診てもらう必要があった。9ホールを終えた彼は、ひどく汗をかいていたよ
2014/03/11PGAコラム

今週のバルスパー選手権の事前情報

大会記録:「61」パドレイグハリントン(2012年の初日) 昨年の大会ダイジェスト:ケビン・ストリールマンが、激戦となった週末2日間をノーボギーの「65-67」でラウンドし、追いすがるブー
2014/03/11ヨーロピアンツアー公式

モロッコでの快挙達成を目論むシーム

・シン(1991年)、ペイン・スチュワート(1992、93年)、ニック・プライス(1995年)、デビッド・トムズ(1999年)、パドレイグハリントン(2007年)、そしてアーニー・エルス(2008年)といったメジャー王者たちがトロフィーを掲げており、ゴルフの歴史にその名を刻んでいる。
2014/02/28PGAコラム

ベアトラップ基礎知識

、2012年大会の初日で10センチのところに運んだ。 15番における2007-13年のスコアリングリーダー(8ラウンド以上プレーした選手が対象) パドレイグハリントン:4アンダー(12ラウンド) チャド
2014/01/30GDOEYE

フェニックス名物“スイート16”

のに対し、メンバーシップが主流の日本のゴルフ場とでは、その実現の困難さには大きなギャップがあるようだ。 この1ホールは、ゴルフ場の中にありながらも別世界だ。昨年、今大会に初出場したパドレイグ
2014/01/13ヨーロピアンツアー公式

自分の流儀で2014年のスタートを切ったウーストハイゼン

「72」でラウンドし、オランダのジュースト・ルイテンと並んで3位タイで大会を終えることとなった。5位タイには通算9アンダーで大会を終えたパドレイグハリントン(アイルランド)、そしてラファエル