2019/11/04ヨーロピアンツアー公式

マキロイが上海でWGCハットトリックを達成

4大会のうち3大会以上を制した選手として、タイガー・ウッズとダスティン・ジョンソンの仲間入りを果たした。 また、2016年以来となるヨーロピアンツアー14勝目を挙げたことで、ダレンクラークの待つ
2019/10/19ザ・CJカップ

J.トーマス、D.リーが首位 松山英樹は15位

ダニー・リー(ニュージーランド)と並んで通算15アンダーの首位に立った。好相性の地で今季初優勝に向けて最終日を迎える。 3打差の3位にキャメロン・スミス(オーストラリア)。通算11アンダー4位にジョーダン
2019/09/04ヨーロピアンツアー公式

「ポルシェヨーロピアンオープン」で知っておくべき5つのこと

・ファルド、リー・ウェストウッド、レティーフ・グーセン、ダレンクラーク、そしてコリン・モンゴメリーと、錚々たる顔ぶれが並んでいる。 なかでもヨーロピアンツアー31勝のモンゴメリーは、ザKクラブで開催されたこの大会で、その最後の勝利を飾っている。
2019/08/13ヨーロピアンツアー公式

「D+Dレアル チェコマスターズ」で知っておくべき5つのこと

GRにてピータースがヨーロピアンツアー初制覇を遂げ、さらにタイトル防衛のかかった16年には2位に入った。このパフォーマンスにより、16年「ライダーカップ」欧州代表キャプテンのダレンクラーク
2019/07/19全英オープン

地元の重圧/カメラマン和田「今日の1枚」

れていたロリー・マキロイは出だしからOBを打って優勝争いから離脱してしまったが、彼とは正反対に観客を盛り上げた選手がいた。 その男の名はダレンクラーク。 大声援を受け1組目でスタートした彼は
2019/07/18全英オープン

68年ぶり地元開催 マキロイは「現実ではないみたい」

最初の思い出だとロリー・マキロイ(北アイルランド)はいう。10歳の誕生日には、父親がロイヤルポートラッシュでのプレーをプレゼントしてくれた。その日初めてダレンクラーク(北アイルランド)にも会ったという
2019/07/16小林至のゴルフ余聞

北アイルランドの歴史と経済、そしてスポーツの祭典

。平和の時代に入ってから、アイルランド島出身選手の活躍も目覚ましく、メジャー優勝者だけでも、北からはダレンクラーク、グレーム・マクドウェル、ロリー・マキロイ、共和国からはパドレイグ・ハリントンとスター
2019/07/16全英オープン

松山英樹はファウラー、キズナーと予選同組 1組前にマキロイ

初日15時10分、2日目10時9分のスタート。アマチュアの金谷拓実(東北福祉大3年)は、トム・ルイス(イングランド)、ブランドン・ストーン(南アフリカ)と同組となった。 また、大会初日の1組目で開幕を告げるティショットを放つのは、地元・北アイルランド出身のダレンクラークが務めることとなった。
2019/07/16全英オープン

2019年「全英オープン」出場者&資格

1:6月21日時点で60歳以下の「全英オープン」歴代優勝者 スチュワート・シンク ダレンクラーク デビッド・デュバル アーニー・エルス パドレイグ・ハリントン ザック・ジョンソン ポール・ローリー
2019/07/15全英オープン

世界最古のメジャー大会 北アイルランド開催は68年ぶり

ポートラッシュを舞台として18日(木)に開幕する。大会が英国本島以外で開催されるのは、長い歴史でこの2回だけ。ロリー・マキロイ、ダレンクラーク、グレーム・マクドウェルら数々のメジャーチャンピオンを輩出してきた
2019/07/10全英オープン

ロイヤル・ポートラッシュ案内

ダレンクラーク、ロリー・マキロイ、パトレイグ・ハリントンは、ロイヤル・ポートラッシュの名誉会員。ロイヤルリバプールで行われた1947年大会を制したポートラッシュ生まれのフレッド・デイリーが、北アイルランド出身選手で初めてのメジャー優勝者となった。 ◆18ホールのヤーデージ
2019/07/10旅する写心

「コース巡礼」〜30.ロイヤルポートラッシュGC 13番ホール

・マクドウェル ダレンクラーク ロリー・マキロイと、 北アイルランドが近年 メジャーチャンピオンを次々と 輩出したことも大きな要因となった。 全英オープン開催へ向け ロイヤルポートラッシュGCを大きく改造したの
2019/07/01記録

「全英オープン」歴代優勝者&日本人成績

ダレンクラーク 池田勇太 38位平塚哲二 予落高山忠洋 予落藤田寛之 予落石川遼 予落河井博大 予落 ロイヤルセントジョージズ 2010 ルイ・ウーストハイゼン 石川遼 27位谷口徹 60位宮瀬博文