2020/08/15NEC軽井沢72

背中痛で7割の力 ルーキー西郷真央が2戦連続V争い

8番(175yd)は5Uで奥4mのフックラインにつけてバーディを奪った。「好調の要因はパッティング」。2日連続でパット数は「28」と安定している。 7月に痛めた背中の状態について、「きょうはほとんど
2020/08/09全米プロゴルフ選手権

ツアールーキー・シェフラー メジャーで初V射程圏内

。 シェフラーの言葉通り全体的にそつのないプレーが身上だが、今週は好調なパッティングがけん引役になっている。「今週はパットが良いから、フェアウェイキープもそこまでシビアにならなくていい。それに、6mや
2020/08/08全米プロゴルフ選手権

35mから15m ウッズはグリーンスピードに苦しみ後退

上のプレーの指標、ストローク・ゲインド・パッティングは「+1.249」、この日は「-1.673」と大きく後退した。18ホールで決めたパットの総距離は115フィート(約35.05m)から49フィート(約
2020/08/07全米プロゴルフ選手権

0.75インチ長くなったウッズのパター「SW感覚で打てる」

パターを1年以上いじってきたかな。(腰を痛めたことで)以前のような1日に4、5、6時間のパッティング練習は難しくなっていた。チャンピオンズツアー(シニア)の選手も、年齢を重ねて長いパターを使う。この
2020/08/06全米プロゴルフ選手権

ウッズが新パターで最終調整 名手ストリッカーは太鼓判

スコッティキャメロン GSS ニューポート2で飾ってきた。まさに代名詞ともいえる1本にマイナーチェンジを加え、今季唯一のメジャー「全米プロゴルフ選手権」に向けた最終調整を行った。 長年にわたってウッズにパッティング
2020/08/05PGAツアーオリジナル

ゴミ箱からバッグへ シュワルツェルのパターの裏話

残し、彼がこのパターでフィールドに対して1ストローク近くの差をつけた(ストローク・ゲインド・パッティング)。その事実を前にすると、このパターの科学、そしてなぜシュワルツェルにとってそれほど効果的であっ
2020/08/02WGCフェデックス セントジュード招待

松山英樹に「少しずつ」の手応え ムービングデーに浮上

、バタバタしないで落ち着いてプレーできた」という。195ydの14番(パー3)で奪ったバーディは、アイアンでのティショットをピン右3mにつけたもの。「良いショットのあとにパッティングがうまく入ってくれた
2020/08/02WGCフェデックス セントジュード招待

【速報】松山英樹は3日目「67」 ファウラーが首位を走る

「67」で回り、通算4アンダーとしてムービングデーのプレーを終えた。 前半2番でバーディを先行。7番の3パットボギーで後退したが、9番以降でパッティングもかみ合い、4つバーディを奪った。最終18番を
2020/07/25topics

ゴル夫婦の妻がキレた プレー中の夫のひと言TOP3

『後ろの人が待っているから』『早く打たないとスロープレーになるよ』という脅しを入れることで、男としての度量の狭さが露呈したとN美さん。特にパッティング前後に掛ける妻への言葉は注意が必要のようだ。 結婚