2014/05/07サイエンスフィット

アプローチはダウンブローが正解!

を招きます。しかし、プロはまったく逆。アプローチではむしろ、かなり鋭角的に打ち込んでいるんです。その秘訣はアドレスにあります。アプローチのためのアドレスを覚えれば、プロのようなダウンブローで、しかも
2020/05/26“あるあるレッスン”に潜む罠

「飛び系アイアンを飛距離で選ぶ」の罠

タイプにも左右され、適正なスピンを生むには、ある程度のダウンブロー軌道が求められます。対して、インパクト時の入射角(クラブヘッドがボールに当たる角度)がすごく緩やかだと打ち出し角が低くなり、スピン量も減り
2013/03/26週刊GD

あなたは本当に「ダウンブロー」で打てている?

「週刊ゴルフダイジェスト」特集「間違いだらけのダウンブロー」(4月9日号)より ゴルフ界ではよく「アイアンはダウンブロー」と言われる。しかし、実はプロとアマでは、そのイメージは大きく違うようだ
2015/08/13topics

夏ラフで何打損していますか?

数値を聞く限り、確実にこの『すくい打ち』が“80台の壁”になっているといえそうだ。 夏ラフこそ『ダウンブロー』! 「中でも芝の長いラフからのショットは、どのように打ってもボールとフェースの間に芝が噛ん
2020/06/11クラブ試打 三者三様

G710アイアンを筒康博が試打「G700より打ち応えアリ」

気がつきました。トータルでの総距離ではなく、とにかく高い弾道で強い球が出るというところが“ズルい”。シャクリ気味にインパクトしてしまう人にはメリットが大きいと思います。打ち方としては、ダウンブローではなく
2013/03/13サイエンスフィット

ショットの悪い癖はパットにも出る!

まとまりにくくなります。パットの問題を見る前に、まずはドライバーショットを見てみると、結構ダウンブローが強い感じですね・・・。 “科学の目”で原因解明! ドライバーのインパクトの瞬間は、平均2.6度の
2013/01/16サイエンスフィット

緩やかに上げれば緩やかに下りる!

真骨頂。今回は、80台でラウンドする上級者だが、インパクトが鋭角的に入り、ダウンブローがきつくなることいよって、ショットが乱れている方が登場。では、テークバックに一体どんな問題があるのか?その原因を究明
2014/10/22サイエンスフィット

弾道を決める決定的瞬間とは?

.8度のアウトサイドインで、ほぼストレートの軌道と言えます。一方、無視できない問題は、平均約3度のダウンブローです。ドライバーではアッパーブローが望ましいからです。さらに、インパクト時のフェース向きが
2012/03/21サイエンスフィット

アプローチが劇的に上手くなる理想の軌道を伝授!

&アッパーが理想ですが、アイアンショットは総じてダウンブローでボールを捉えることが肝心です。 “科学の目”で原因解明! 20ヤードくらいを想定したアプローチショットの軌道を計測してみると、やはりアッパブローの
2014/04/03堀尾研仁のスイング解析レッスン

第5回 ボールが飛ばない原因は?

ドライバーの強いダウンブロー は飛距離ロスの原因に 「M-Tracer」で解析した正木さんのスイングデータは、アウトサイドイン軌道、フェースオープンのほかにも、スライスの原因をとらえていた。思い通り
2019/12/17マーク金井の試打インプレッション

大型ヘッドでやさしい軟鉄鍛造「ミズノプロ 920 アイアン」

小さめなので、インパクト時の接地感がそれほど大きくなく、抜けが良い。ソール幅が広いので、ダウンブロー軌道でヘッドを入れてもヘッドが深く入り過ぎず、ダフりのミスに強そうだ。 ミスへの許容範囲は見た目通り
2008/02/18プレーヤーズラウンジ

個性派のツアープレーヤーたち<竹本直哉>

ティショットからターフを取る個性的なスイング」と書いたのだが、この記述に対してこんなふうに書かれていた。 「彼はダウンブローで打つので、確かにスプーンとかバフィなら時々そういうこともあるが、プロがドライバーで
2011/04/18上達ヒントの宝箱

ドライバーショットの基本!

、ドライバーショットではボールが空中に浮いています。アイアンショットは緩やかな下降軌道(ダウンブロー)で打つことにより、ボールが空中に上がりました。しかし、ドライバーショットの場合は、下降軌道が強くなると